東京と神奈川のアレクサンダー・テクニーク・個人レッスン 10月のスケジュールとお申込み

littlesounds湘南・藤沢教室(神奈川)と、東京・大塚教室での、アレクサンダー・テクニーク個人レッスンの受付中のスケジュール枠は以下のとおりです。 ・夕方や夜など、この枠以外で時間を調整できる日もあります。ご相談ください。 ・上書き線は予約済みです。   10月後半のスケジュール:受付中の日程 NEW! 10/14(月・祝)藤沢 11:00、13:30、14:30、15:30、16:30 10/15(火)藤沢 11:00、12:00 10/16(水)関西レッスン&ワークショップ お申込み受付中 10/17(木)大塚 17:30、18:30、19:30 10/18(金)藤沢 10:00、11:00、13:30、14:30、18:30 10/19(土)大塚 10:30 午後:ワークショップ「手を使うことと体全体」 お申込み受付中 10/20(日)大塚 10:30、11:30、13:30、14:30、15:30、16:30 10/21(月)大塚 10:30、11:30、13:30、14:30、15:30、1...
More

10/16(水)触れる、触れられる、動く~自分と世界のあいだの扉:アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ@関西

尼崎のすてきなスペース amana spaceでワークショップをさせていただけることになりました。嬉しいです! 何かをしてあげるためでも、どこかに連れていくためでもなく、 「何もしない手」で触れる。 それがアレクサンダー・テクニークの触れ方です。 触れる/触れられることによって、 「自分が今ここにいる」ことが、よりわかる ―それは受動的であるのと同時に能動的。 何もしないことによって生まれたスペースのなかで、 何かが起こり、動きが生まれる。 このワークショップは、アレクサンダー・テクニーク教師になるためのワークショップではありません。 でも、アレクサンダー的な触れ方を、もっとさまざまな方々と分かち合えたらいいなと、このワークショップをやることにしました。 触れる、触れられることと動きで遊んでみることで、 ご自身について、発見があると思います。 また、お子さんを抱っこしたり、身近なお年寄りと一緒に歩いたり、触れあったり介護したりするときのヒントにもなるのではと思います。 「自分も相手も楽な介護」「ご本人の力を生かす介護」 の、ヒン...
More

練習量が増えてくると腕の痛みが出てくるというギタリストの方

練習量が増えてくると腕の痛みが出てくるというギタリスト&ギター教師の方。 姿勢もなんだか、前にお会いしたときより猫背に…。 アレクサンダー・テクニークをはじめて、姿勢に気をつけるようになったとのことだが、姿勢の気をつけ方が、細かく部分的になっていて、「全体」という意識が薄くなってしまっていたようだった。 自分全部で弾く そこに戻ることが、やはり大切。 人間は機械でないので、姿勢や動きの細かいところまで、意識でコントロールする必要はないのだ。(コントロールするつもりになってると、カクカクと、動きが機械みたいになってきたりするので興味深い)。 そういうことは、体がやってくれる、神経システムがやってくれる。 ギターを弾くということは、指だけの仕事ではなく、胴体も関わっているし、胴体は呼吸して動いている、固定させることはない。 気づかないうちに固定させていたことに気づいたら、動いていいんだな、ということを思い出す。意識が変わると体が変わる。 レッスンは、その人の今の課題がどこにあるかを観て、気づいてもっと楽だったり自由になったりする可能性にひらいて...
More

10/19 アレクサンダー・テクニーク講座「手を使うことと体全体」

人間は手を使う生き物です。 触れる、道具を使う、持つ、持ちあげる、抱える、書く、描く、そのほか細かい作業… 手を使っていろいろなことをやっています。 このワークショップでは、 手を使うときに「"手"だけ」にならずに、 自分全体として手を使う、ということをやってみたいと思います。 アレクサンダー・テクニークは、からだや心の緊張しすぎをやめるためのワークと言われることがありますが、 そのために大事なのが「体全体」「自分全体」という視点です。 自分全体と、手の先の意識とのつながり、 自分のなかの、部分と全体のつながりを、見てみましょう。 たとえば弦楽器を演奏する方は、「自分全体として手を使う」ことを意識することで、 弓の動きをコントロールしやすくなり、指を動かしやすくなり、 音がよくなったり、リズムがよくなったり、 大きい音や小さい音が出しやすくなったりします。 また、「自分全体」を意識できるようになると、心理的な緊張も起こりにくくなったり、 緊張したとしても、体の自由さが保てるようになってきます。 ・楽器を演奏する ・重いものを持ち...
More

熊野”女性性”会議

9月13日~15日、熊野で行われる”女性性”会議にスタッフとして関わることになりました。 以前から”女性性”ってよくわからない言葉だなあ、 と思っていた私がなぜこれに関わることにしたかというと、 「『からだ』と社会や文化の関係を『一人称のからだ』を通して体験的に探る 身体学」というのを、15年以上前からされている、 尊敬する村川治彦さんからお誘いを受けたということと、 ご一緒するメンバーが、からだと心をホリスティックにとらえるワークの第一線の実践者で、しかも私と同世代の女性…前からお話したりワークを一緒に深めたりできたらいいなと思っていた方々だったからです。 去年、このメンバーで最初の合宿をしたのですが、お互いほぼ初対面同士だったのに、最初に温泉でご一緒したときから話が深まり、そのあとも寸暇を惜しんで夜まで話が止まらず、とてもおもしろかったです。 そして1時間づつですが、お互いのワークをシェアできて、それもとてもよい時間でした。 そして今年は、それを、一般の方々にオープンにして行う第一回です。 少人数なので、じっくり、それぞれのなかで何かを深められる時間にな...
More