「一番実感するのは、ステージで緊張したときに冷静になれるようになったこと」

「一番実感するのは、ステージで緊張したときに冷静になれるようになったこと」

「一番実感するのは、ステージで緊張したときに冷静になれるようになったことです。今までも、緊張しても「やりきる」ことはできたんですけど、冷静にやりきるというより、ノリでいっちゃう感じだったんです。でも今は、「こういうふうな状態になっているけど体とは別だ」、というふうに冷静に見えて、コントロールできるようになった。それを本番のときに実感します。

本番のときにまわりの状況に影響されてしまわずに、自分のなかに居たまま、しっかりパフォーマンスできるようになった感じです。冷静になったのは、やる気がないとかそういうことじゃなくて、ちゃんと「コントロールできている」というのを感じます。そもそも「コントロールできるんだ」ということを知りました。

たとえば、以前は、自分の歌のパフォーマンスを後で動画で見たときに「こんなガチャガチャと動いてたんだ」と思うことがあったんですけど、今は無駄なく動けるようになってきて、そのときに「ステージのうえで大きく見えた」と言われたんです。大きく動いているわけでもないのに「大きく見えた」と言われたから、なるほど、と思いました。がちゃがちゃしなくていい、という自分の使い方を教えてもらったなと思います。

あと、どこかに力が入っているときに「力が入っているけれどこれはどうにかできる」ということもわかった。以前は若さもあって、そのままでもガッといけたかもしれないんだけど。今はガッといくと良い方向に出ないので、体の使い方というのは必要なことだなと。

でもこれを人に言うのはほんと難しくて、体で感じたことを言葉で言うのは難しい。でも先生はそれを言葉でわかりやすく言ってくれるので、それに助けられています。

「27歳くらいで声は出なくなる、楽器も、上達するには何歳までにやらないと…」というようなことを誰かに言われたことがあったんですけど、それは超えられると思いました。楽器をただ弾くだけでなく、体の使い方も含めてできるようになれば、逆に今まで以上にできるようになるんだということがわかりました。楽器をどう上手に演奏するかということの前に、体があるんだなということがわかりました。

もっと早くアレクサンダー・テクニークに出会っていたらと。楽器やる人にだけじゃなく、どんな人にでもすごく大事なことだなと思います。

楽器に関しては、長い時間練習できるようになりました。楽器をやっていない時間があったとしても、久しぶりに楽器を持ったときに前よりうまくなっていてびっくりしました。窮屈じゃなくなったし、弾いている途中に息が止まっちゃってる、固くなっているところがあったと思うんですけど、そういう悩みも、逆にやらない時間で解決されていたりしたんです。なので時間が空いてからの練習も楽しみになったし、毎日練習していても疲れなくなって、それはすごくびっくりしました。それで練習する時間が自ずと増えるというか…。

先生の言葉選びが丁寧で、決めつけない感じというか、「それもありだし」、というところから話をはじめてくれるので、「こうしなきゃいけないんだ」というのがなく、いろいろ質問もできるし、それが、やりやすくてありがたいです。「これはだめなのかな」と思って聞くと、「いやそれもありだし」というところから広がる感じになるので。

たとえば電車のなかで座るときも、姿勢が悪いのはだめなんじゃないかと思っていたけど、「そういうときもそういうときである」というふうに先生がおっしゃっていて、「今はそれも、選んでそうしているんだって思っていればいいです」ということだったので、たまに電車のなかでどうしても疲れてグチャッとなっていても、今だけ、と思える。で、そのままでいるとだんだんきつくなってくるので、直して、こっちのほうが楽だな、と、それを、自分のなかでちゃんと選べるようになった感じがします。先生のところに来ると、勝手に楽になったりする自分がいて、先生の教え方に助けられている気がします。

先生が言っていることをすぐに頭で理解できるわけではないんですけど、回数を重ねていくうちに体がわかってきていて、それも、あとで「生活に生かせているな」ということに気づいて実感するみたいな感じで、本当に続けることが大事だというふうに思います。いろんなところで、「これが先生が言ってたことか」ということを、あとから気づくというのが楽しくて、まずレッスンに来たら先生が言っていることを浴びるというのを意識しています。
先生が伝えてくれる言葉は、決めつけている言葉ではなく、気づかせてくれる。たとえばさっきの、自分とその「向こう側の空間を含める」とか、そういう言葉で気づかせてもらったりして、先生からの言葉によく感動します」。(談)

豊田まりさん(歌手) 21回目のアレクサンダー・テクニーク・レッスンを終えてのインタビュー。
まりさんは、歌を歌うほかに、ギター、バンジョー、バウロン(アイリッシュの太鼓)などの楽器も演奏されています。
Share Button
ほとんど諦めていましたが、半年後にオーケストラの定期演奏会に復帰できました。

ほとんど諦めていましたが、半年後にオーケストラの定期演奏会に復帰できました。

アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けはじめたきっかけは、首と背中に強い痛みが出た事です。1ヶ月以上痛み止めを飲みました。 趣味のビオラもほとんどあきらめていた時に、以前知人から聞いたことのあったアレクサンダー・テクニークの名前を思い出して、ネットで探したのが始まりです。

レッスンを受けてみて、先生の言葉がとてもゆっくりと丁寧で、簡単で少なかったのに驚きました。 これまで考えていたような意味での、努力とか苦労とかは必要なかったです。 それでいてレッスンとレッスンの間も何かが続いて色々な発見があるので、楽しいです。

レッスンに通い始めて半年後にオーケストラの定期演奏会にビオラで復帰できました。 完全に痛みと無縁になったわけではありませんが、とても軽くなりましたし、本番中は全く大丈夫で、あがる事もなく過ごせました。

元は、発言や行動が縮こまりがちでしたが、少しずつ、思った事を言ったり行動にしたりすることが増えてきました。 全体に気持ちが楽になってきたと思います。

レッスンで教わった事ですが、
「思い出すだけで、やろうとか感じようと思わなくていい」
「すぐに分からなくても、そういうものと思ってやり続けてみる」
という事が大切なのかなと思います。

そして、レッスンの体験が、自分の期待した所以外にも色々な面で作用して助けになってくれることが興味深いです。

(T.Nさん ビオラ奏者、44歳)

Share Button
「喉を傷めることが少なくなり、目の疲れもとても少なくなりました」

「喉を傷めることが少なくなり、目の疲れもとても少なくなりました」

喉が痛くなったり咳が出たりすることが多く、自分は喉が弱い体質だと思っていました。それは人前で話す事が多い仕事に変わってからのことで、 日常で喉に負担がかかっているのかもしれないと感じたのが、アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けたきっかけです。

レッスンは、アレクサンダー教師のサポートにより身体の緊張をほぐしたあと、 身体動作(私の場合、歩いたり椅子からの立ち座り等)を自分なりに繰り返す中で、自分の日常の身体に気づくというものでした。

今まで病気や怪我など身体に負担がある時に自分の身体を意識する事が多かったのですが、日常の身体の状態に気づくようになり、日常動作がとても興味深く感じられています。 日常生活で身体が本来の伸びやかな動きをするのが軽やかで楽しく、身体感覚を通じたモノゴトがより鮮明になったと感じています。 レッスンが、自己と身体を取り巻く環境の再発見になっています。

具体的には、日常生活で駅まで歩くのにかかっていた時間が短縮されたり、 一日中の立ち仕事でも疲れなくなったり、お茶碗を洗ったりするのが素早くできたりしています。

それから、子育てでよく子守唄を歌うのですが、以前と比べて高音から低音まで楽に出せる事で、楽しく歌えるのもうれしい事の一つです。

さらに、目の疲れがとても少なくなりました。コンピュータを長時間使う事があり、 仕事に集中しているうちに目が疲れて背中が凝ってしまう状態がありました。 そんな中で、目の使い方(物の見方)を意識的にコントロール出来るようになり、今は疲れが少ないように感じます。 同時に、視野角を広くしたり、パノラマで物が見えるようになるのはとても面白いです。

それから、以前に比べて、日常的に喉に負担がかからなくなったせいか、喉を痛めることが少なく、 風邪も引きにくく、引いても早く治っていると思います。

アレクサンダー・テクニークは誰にでも役立つと思います。 子供をだっこする等の子育て、料理などの家事、人前での対話、立ち仕事、パソコンを使う事、歩行、重い鞄を持つ等に役立っています。

自分の身の回りの社会や世界をどのように感じるかは、自分の意識を含めた身体を通じてだと思います。 センシティブな状態で知覚する世界は、とっさの判断や動作が素早く実行できると同時に、 今迄よりはるかに彩り豊かで味わい深いものになっています。 匂いに敏感になり、物事がよく見えて、音や話がハッキリと聞こえる。声がよく通り自分の考えが相手に伝わる。 そして、伸び伸びと歌える。自分を取り巻く社会や世界が、より彩り豊かで味わい深いものになっています。

(H.Yさん(男性)神奈川県)
現在地: HOME » アレクサンダー・テクニーク レッスン体験談

Share Button
「立ってるだけでこんなに気持ちが落ち着くなんて」

「立ってるだけでこんなに気持ちが落ち着くなんて」

「うわー、まっすぐ立つってこういうことだったんだ!」
最初のレッスンで、とにかくびっくりしました。 今までの立ち方ってなんだったんだろう?と。 立ってるだけでこんなに気持ちが落ち着くなんて。

私は、今まで、身体を意識するということなく、なんとなく過ごしてきた会社員です。
心身ともにどうもシャンとしないなぁ、と感じていたとき、ふと、名前だけ知っていたアレクサンダー・テクニークをネットで検索して、レッスンを受けてみ ることにしました。 人前で話すとき、緊張しないでいられるようになれたらいいな、と思ったのも理由のひとつです。

運動が苦手だったので、身体感覚を養う/からだとこころのつながりというようなことを諦めていたのですが、 アレクサンダー・テクニークはそういう人にも向いてるんじゃないかなと思います。 身体を強く押されるわけでもひっぱられるわけでもないのに、ガラッと変化する感覚。

身体の感覚が変わると、気持ちもすっきり前向きになるような気がします。 またまだレッスンを受けはじめて二ヶ月ぐらいなので、ふだんの生活では、意識するのを 忘れがちですが、「あ、今また前のめりになってる!」と気がつく回数は、少しずつ増えてきています。 そんなふうに、いろいろな感覚に気づいて、よい変化を起こしていけるといいなぁと思っています。

(K.Sさん 会社員 東京都)
現在地: HOME » アレクサンダー・テクニーク レッスン体験談

Share Button
あがっても、じたばたしない自分ー心理職の方の体験談

あがっても、じたばたしない自分ー心理職の方の体験談

あがっても、じたばたしない自分

大勢の観衆を前にしている様子
illustrated by Pantaya

もともと、すごく緊張するタイプで、あがり症でした。仕事はカウンセラーですが、会議や講演など、大勢の人前で話しをする機会も増えて、困っていました。人前であがることを思うと、新しい仕事も「やりたい」という気持ちと「怖い」という気持ちの葛藤で苦しかったです。自分ではその原因は精神的な緊張だと思っていたのですが、知人に「身体の症状の緊張として困っているのだから身体のことにアプローチが必要では」といわれてアレクサンダーテクニークを紹介されました。

身体へのアプローチというものについては リラクゼーションか、鍛えるという意味での運動というふたつの選択肢しか持っていませんでした。また、自分の身体というものを意識する機会も日常の中にはありませんでした。

それが、アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けるようになって、緊張しているわけでもないが、ただ緩んでいるというわけでもない身体のありようというものが、少しわかるようになりま した。レッスンの最中は決して緊張しているわけではないのですが、自分の身体に意識は常に向いているわけですから。

この意識はとても落ち着いた意識という感じです。

また、レッスンで習ったことは、外に出れば忘れてしまいがちですが、身体のほうは覚えていてくれるという感じがします。身体のほうが習ったという感じです。「身体の自学自習」かな?

変化は、徐々にやってきたものと、すぐに楽になることと両方ありました。

徐々の変化としては、一番悩んでいた「過度の緊張」です。今もあがることはあがります。でも、以前のようにあがることに対するパニック的なおびえはなくな りました。最初は確かにあがるけれど、すぐに落ちついて、むしろその場にリラックスしていられることができるようになりました。じたばたしない自分というも のがでてきたようです。当然、会議や人前で話すことの能力も上がりました。(というよりも自分のもっている力がそのままだせるようになったということですが。自分の身体をもっと信頼してもよいという感覚もあります)。

すぐにでてくる効果としては、身体の不調(足が痛い、首が痛い)という時にレッスンしてもらうと、自分で気づかなかったこと(力の入れ方等)がわかり、そのことを意識することで、わりあいすぐに痛みが軽減されたことも多かったです。

特別な職業でなくても、日常の生活をより快適な質の良いものにしていきたいと思う人には誰にでも、役にたつのではと私は思います。 特に私のように緊張が強くて自分の生活が不便になりつつあるという方には私はおすすめします。

(N.M.さん、カウンセラー、50代、 2008年の感想)


Share Button