トミー・トンプソン著『存在に触れる~ありのままの今にいるということ』日本語版できました。

一昨日、お知らせしていたトミー・トンプソンの著書『存在に触れる~ありのままの今にいるということ』(Tommy Thompson ”Touching Presence”の日本語版)、きのうようやく届きました!翻訳は松代尚子さん。私が僭越ながら監訳しています。Easeofbeing publication 発行/全135頁 私が2000年から毎年学びにいっていたボストンの先生で、私のアレクサンダー・テクニークの教え方にとても影響を受けた先生の初の本です。そのトミーの、詩のように独特なところがありながらも、とても実際に即している言葉を、まとまった本として日本語で読めるようになったのは、翻訳の松代尚子さんのおかげです。アレクサンダー・テクニークの深さが味わえる本だと、個人的には思っています。   私からもお分けできるようになりました。手渡しできる方には2...
More

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

みなさん、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年、みなさんが笑顔になれる時間がたくさんありますように。 コロナウィルスの感染者が増え、緊急事態宣言も再度発令されましたね。 収束するまでには長丁場になりそうな中、できるだけ、自分が感染したり感染源になったりせず、そして同時にそれ以外のいろいろなことも考えつつ日々生きていくために、どうしていくのがよいのか悩みます。 みなさんは、どうされていますか? アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでは、去年4月から行っているオンラインレッスンを引き続き行いつつ、対面レッスンも行っています。 今のような時期、不安や恐れなどがあったり、いろいろ気を遣うことがあったりして、からだの緊張、心の緊張がゆるまないという方が、少なからずいらっしゃると思うので…。 こういうと...
More

「コントロールしないようにコントロールする」

アレクサンダー・テクニークを学んで、家で実践しようとしている人に知っていていただきたいこと…、 アレクサンダー・テクニークは、自分自身や自分の体の使い方をコントロールすることではありません。 むしろ、「コントロールしないようにコントロールすることです」 と、かつて私が習っていたスイス人のアレクサンダーの先生、イムレさんは言っていました。 自分の体に自然にそなわっている体のデザインを信頼して、それにまかせられるようになることで、もっと息がしやすくなり、楽に動けるようになり、もう少し楽に外の世界とかかわれるようになってくる…。 なので、自分を邪魔しないようになればいい。 なので、学んだことを、つねに意識していなくてもいいのです。 忘れたときに思い出せばいいのです。 そうすることで、少しづつかもしれませんが、確実な変化が起こってきます。 それが、「や...
More

部分と全体性

Posted on
私はときどき、連続講座を出張で行っています。 そのとき、テーマの案として、 「からだの部位ごとにテーマを設定するのはどうですか?」と、 提案されることがあるのですが、 「体の部位ごとより、動きごとにテーマを設定したいです」と答えています。 からだの部位ごとに、べつべつにとらえない、からだ全体トータルでとらえる ということを、大事にしたいのです。 もちろん必要に応じて、からだの部位を見ることはやります。でも、どこかの部位を見たあと、それを全体のなかでとらえなおすことをセットでやっていきたいのです。 アレクサンダー・テクニークを実践するなかで、”全体性”が、とても大事だと、私は思っています。 からだ全体、そして、さらに言えば、 からだと心や魂も、ひとつのもの。 実際、からだのワークをしているつもりで、いつのまにか、心の変化に気づいた、などと生徒さん...
More

「コ2マガジン」に取材していただきました。「緊張体質」というテーマ。追記:レッスン風景の動画を含む後半がアップされました

メルマガから抜粋して載せています。 ■コ2マガジンに取材していただきました。追記:後半がアップされました 「カラダとココロはひとつ」というアイデアを応援するオンラインマガジン、「コ2マガジン」に、 アレクサンダー・テクニークのレッスンについて3月に取材していただいたものが、 「緊張体質がなおらない」という人のために、アレクサンダー・テクニークの考え方の基本を伝える、 という記事になりました。 その後半がアップされました。 「からだの不必要な緊張を取り除く」という言い方を、私も以前はしていたと思うのですが、最近は、緊張しすぎで困っているという悩みに対処するときにも、そういう言い方をあまりしなくなっています。 そんなことを、ライターの半澤さんとやりとりしながら気づきました。 そんなことが記事に現れています。 そして後半は、レッスン風景のビデオつきです。 テ...
More