手指の故障、ジストニア、腱鞘炎に対処する (1) – アレクサンダー・テクニーク的視点より

手指の故障、腱鞘炎、ジストニアに悩んでおられる方が、とくに音楽家の方に多くいらっしゃいます。 指が思うように動かなくなったり、思わない方向に動いてしまったり…。 「ジストニア」で検索すると、読んでいて辛くなるような、症状についての話が多く出てきますが、原因や解決法は、医学的にもよくわかっていないと言われているようです。なので、ここでは医学的なことはいったん置いておいて、「手のしびれ」「手の痛み」「指が思うように動かなくなったり、思わない方向に動いてしまったりして、演奏や日常生活に困っている」というようなときの対処についてアレクサンダー・テクニーク的に、考えてみたいと思います。 私が見たところ、ジストニアになる人、手を使いすぎて故障させてしまう人ような人は、非常に真面目で努力家で、目的意識を持って練習を継続することができる人に多いように思われます。そのような努力ができるという能...
More

本番などでの緊張(「あがり症」)について

(音大生向けに書いた文章を転載します)。 本番で緊張しやすい、あがりやすい、ということに悩んでおられる方が多くいらっしゃいます。 どんな状況で緊張しやすい、あがりやすいでしょうか? 多くの場合、緊張しやすい状況というのは、その人にとって大事な状況なのではないかと思います。 たとえばお客さんがたくさん来る本番、大事な人が見に来る舞台、尊敬する人が見に来る舞台など…。 演奏以外でも、就職活動での面接や、教育実習等の場面でも、緊張することがあると思います。 ふだんから緊張しやすいという方は、(前回も行っていただいた)「体の動きの気づきのワーク」を続けることで、体への気づきが増し、体がだんだん自由になってくるのにともなって、緊張しやすい体質も少しづつ変わってくるでしょう。 (また、「ふだんは本番と違って緊張しない」と本人は思っている場合でも、無意識的に体を固めながら演奏やその...
More

まわりの環境のなかで、自分が今ここにいるー水平と垂直ー「歩く」こと、「話す」こと

【歩く】 「歩く」ときには、前に進みます。 足を前へと送り出そうとします。 でもそれだけではなく、 それと同時に、足は一歩一歩、地面に着地している、ということがあります。 一歩一歩、足が地面に着地すると、地面から受けた刺激が、からだのなかの神経を伝わって、脊髄をとおって、頭まで届いています。 一歩一歩、歩くたびに、垂直方向に刺激が伝わっているのです。 歩くとき、前に送り出すほうの足を意識すると、 「歩くとは一歩一歩脚を上げること」 と思うかもしれません。 でも、着地しているほうの足を意識すると、 「歩くとは、一歩一歩、着地すること」になります。 片足が着地したとき、宙に浮いたもう一方の足は、自然と前に行っています。 着地しているほうの足は、 足だけで着地しているわけではありません。 頭と胴体が、足の上に居るからこそ着地できています。 そのとき重力とか...
More

トミー・トンプソン著『存在に触れる~ありのままの今にいるということ』日本語版できました。

トミー・トンプソン著『存在に触れる~ありのままの今にいるということ』日本語版できました。
ボストン在住のアレクサンダー・テクニークの教師、トミー・トンプソンの著書『存在に触れる~ありのままの今にいるということ』(Tommy Thompson ”Touching Presence”の日本語版)、きのうようやく届きました!翻訳は松代尚子さん。私が僭越ながら監訳しています。Easeofbeing publication 発行/全135頁 私が2000年から毎年学びにいっていたボストンの先生で、私のアレクサンダー・テクニークの教え方にとても影響を受けた先生の初の本です。トミーのトレーニングコース(教師養成コース)の学生のひとり、レイチェル・プラバカールが、授業でトミーがする話を記録に残しておきたいと、録音して書き起こしたものが元になっています。トミーの、詩のように独特なところがありながらも、とても実際に即している言葉を、まとまった本として日本語で読めるようになったのは、レイチ...
More

アレクサンダー・テクニークの鍵は「首が楽で頭が上に前に~」なのか? 「頭が動いて脊椎と体全体がついてくる」なのか?

アレクサンダー・テクニークというと、 「首が楽で頭が上に前に~」 また別の言い方としては 「頭が動いて脊椎と体全体がついてくる」 というディレクションを思い浮かべる方が多いようです。 それを意識すれば、動きが改善するということですよね、と、思う人も多いのではないかと思います。 でも実際、それさえ意識すればうまくいくわけではなく…… それがアレクサンダー・テクニークというわけでもないのです。 「首が楽で頭が上に前に~」は、アレクサンダーさんが舞台に立ったときに声が出なくなるという問題の解決を目指していたとき、自分自身が、自分のやりたいことを邪魔するようなことをやっているらしい、という洞察を得て、どうすればそれをやめることができて、再び声を出せるようになるか、その試行錯誤として、鏡を使って自分を観察しつつ実験していたとき、最初に思いついた、自分に向けての指示だしでした。 ...
More