12/17(日)デビ・アダムス・ワークショップ「アレクサンダー・テクニークをとおして”体験”を深める」

私のアレクサンダー・テクニークの先生のひとり、デビ・アダムスさんが、今年(2017年)12月に米国ボストンから4度目になる来日をします。 アレクサンダー・テクニークは、同じ原理でも、教師によって、どこを大事にするかが違ったり、それをどう表現するかが違ったりするので、学び続けるプロセスでいろいろな先生に出会うことで、視野が広がったり学びが深まったりして、「じゃあ、それを自分はどのようにそれを自分のために生かしたいのだろう?」と考えるためのヒントが増えます。 今回、紹介するデビさんも、とても勉強家で、(アレクサンダーさんの本を読み込んでいるという意味でも、ほかのジャンルについても)生徒の持ってくるどんな質問にも真剣に答えてくれるお勧めの先生のひとりです。 そして個人的にも、デビや、デビの先生のトミーの考え方、教え方はとてもしっくりくるのです。 ワークショップいくつかと、個人レッスンを企画します。 12/17は、アレクサンダー・テクニークの基本的な原理である「抑制(インヒビション/inhibition)」の可能性について、デビさんと一緒に具体的な体験をとおして探究していきます。 私...
More

12/13(水)デビ・アダムス・ワークショップ「人前に立つときに ”楽さ” を見つける」

デビ・アダムス、もうすぐ4度目の来日です。 毎回、ファンが増え続けているデビさんのワークです。 興味がある方はぜひご一緒しましょう。 どなたでも参加可能です。 この日のワークショップはは音楽スタジオで行うので、楽器の演奏に役立てたい方も歓迎です。会場にはピアノもあります。 ー 音楽に携わる人、役者さん、人前で話すことのある人、 それぞれが自分の最善を出しやすくなるように このワークショップでは、そのためのツールをとりあげます。 自分と人前に立つこととの関わりをみていき、関係性の自覚がパフォーマンスの体験を高めることにつながるということを、一緒に探求していきましょう。 その過程で、呼吸とアテンショナル・アウェアネス(自分が何に注意を向けているかの気づき)についても探っていきます。 曲や作品の一部や、話すこと、などなど、人前でシェアしたいものをお持ち寄りください。 ●講師紹介 デビ・アダムス(Deborah Fishbein Adams) ATI(アレクサンダー・テクニーク・インターナショナル)公認アレクサンダー・テクニーク教師、クラシックピアニスト。 ボストン音楽院にて、音...
More

デビ・アダムス(Debi Adams アレクサンダー・テクニーク教師)2017年1月来日

今年の1月にひきつづき、来年の年明けにも、ボストンのアレクサンダー・テクニーク教師、デビ・アダムス(Debi Adams)さんが再び来日します。 デビは、私が2001年から12年間、ほぼ毎年訪ねていたボストンのアレクサンダー・テクニークの学校の先生です。 学校のディレクターのトミー・トンプソンが、精神的支柱として、アレクサンダー・テクニークの哲学を教えてくれる存在だとすると、デビは、それを具体的にわかりやすく、それぞれの人の毎日の生活や行動に落とし込む手助けをしてくれる存在でした。 彼女はピアニストでもあります。そして、2013年にボストン音楽院に新設されたアレクサンダー・テクニーク・トレーニング・コースのディレクターです。 今回、音楽家向けのワークショップと、 アレクサンダー・テクニーク教師と学んでいる方のためのワークショップ、そして個人レッスンを行います。 ワークショップは、ひとりひとりのワークの機会が受けられるように少人数で行います。 以下のリンク先に内容紹介と、お申し込みフォームがあります。 みなさんのお申し込みをお待ちしています。 1...
More

1月7日(土)音楽のある暮らしに生かすアレクサンダーテクニーク(デビ・アダムスを迎えて)

人前で演奏するときの緊張、初見演奏、練習のコツ――どのあたりに関心をお持ちでも、アレクサンダーテクニークの基本原理を、自分にあてはめて活用することができます。 デビは演奏家として仕事のあらゆる面にアレクサンダーテクニークを活用しています。 アレクサンダー氏の発見に根ざした「インヒビション(抑制)」と「ディレクション(方向性)」について、デビは新鮮な視点を持っており、さらに、そこにテンセグリティや神経生理学などのもっと最近の概念も取り入れています。 参加者はご自分の楽器や疑問・質問を是非お持ちください。 ピアノのある部屋で行う予定です。 あがり症について― 正真正銘のあがり症も、もっと程度の軽い緊張も、人前で演奏するときの緊張体験がどんなものであれ、 アレクサンダーテクニークはそうした演奏体験が楽しさや喜びの体験に変わる可能性を提供します。 緊張や不安の症状を自分がどう解釈するかによって、いかにぎこちない道を転げ落ちてしまえるか、 また同じ症状を新たな視点でとらえることで、心の奥底では可能だと知っているような演奏体験へ いかに変容していけるかについて見ていきます。 ●講師紹介 デビ・...
More

デビ・アダムスさんのワークが終わって-2 重力とサポート

ボストンのアレクサンダー・テクニーク教師デビ・アダムス(Debi Adams)さんの来日レポートの続きです。 今回、デビさんは来日する前、「『サポート』と『重力』をテーマにワークショップをやりたい」と言っていたのです。 でも、それを聞いて私は、「うーん、私には、あまりぴんとこないテーマですね。それより『インヒビション(抑制)』と『方向性』といった、アレクサンダー・テクニークの原理を、デビなりに紹介してもらえませんか?」と、独断と偏見でそんなふうにお願いしたのでした。 でも、デビのなかで、『インヒビション(抑制)』『方向性』『サポート』『重力』は、みなつながりがあるとのことで、サポートと重力の話もたくさん出てきました。 (ただデビは、「私は『方向性』のことはあまり言わない。『方向性』は、インヒビション(抑制)の結果として出てくるものだと考えているから」と言っていました。私もそれには同意です。) それらの一連の話にかかせないのが、『テンセグリティ』の話。 『テンセグリティ(tensegrity)』とは、tense(張力/緊張)と、 integrity (統合)を掛け...
More