「マインドフルネス」とアレクサンダー・テクニーク

最近「マインドフルネス」という言葉をよく聞きますが、 アレクサンダー・テクニークはまさに、マインドフルネスのワークではないかと私は思います。 アレクサンダー・テクニークは、「意識的に現在を生きる」ことであり、 からだとこころ含めた自分全体としての、「専念する」あり方 そのための具体的な方法なのではないかと思っています。 ただ、「意識的」という言葉を使うと、そこにはむずかしさがあって、 意識的なつもりで、言葉で分析する意識に入りすぎてしまう場合がある。 そうなると、いま・ここから離れてしまう。 なので、言葉にとらわれず、体の反応に気づいていて、でも、それにもとらわれないのが大事。 アレクサンダー・テクニークを実践することで、 それが体感的にわかってくるのではと思います。 私にとっては、そうだったのです。 (同じアレクサンダー・テクニークでも、やる人の数だけ違う考え方、やり方があります)。
More

5/18~5/21 兵庫県西宮市でのアレクサンダー・テクニーク

2018年5/18~5/21 兵庫県西宮市でアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ&レッスンを行います。 関西は、私がアレクサンダー・テクニークに出会った場所です。 久しぶりに関西でワークショップができることになって嬉しいです。(5年ぶりぐらいになります)。 5/18(金)声を出すこととアレクサンダー・テクニーク 残り2名様 5/19(土)手の使い方=自分の使い方 5/20(日)自分で自分を支えなくていい~重力が支えてくれている 満員御礼! 5/21(月)お話会 & 個人レッスン 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 5/18(金)声を出すこととアレクサンダー・テクニーク このワークショップでは、私がアレクサンダー・テクニークで大事だと考える「自分全体」そして「やりすぎを、やめていく」という考えをもとに、 ・からだのなかから外に声となって出るまでの、空気の通り道をひらくこと~響きを生かすこと ・空気が入ってくることを、じゃましないこと ・首が自由なことと、あごが自由なこと、そして頭蓋骨 ・少ない力でも声を届かせられることを体験する ・骨盤と首の自由さとの関係 ・地面の...
More

「『見ること』『見られること』とアレクサンダー・テクニーク講座」を終えて

先週行った「『見ること』『見られること』とアレクサンダー・テクニーク講座」、実は開催前からいつになく関心が高く、早くに満員御礼になっていた講座だったのですが、 「見る」「見られる」というのは本当に幅が広くて… たとえば人に出会うこと、人前に立つこと、パフォーマンスをすることなどから、本を読むこと、パソコンで仕事をすることなどまで、いろいろなことが含まれていますね。 その幅広いテーマのもとに集まってくださった方に、どれだけ満足していただけることができるかなあ、と、自分でテーマを設定しつつ、ちょっと、どきどきだったのですが、それぞれ、その人に必要なものを持って帰っていただけたようです。 感想をくださった方に了承をいただいて以下に掲載させていただきます。ありがとうございます! ーー 「『見ること』『見られること』とアレクサンダー・テクニーク講座」をありがとうございました。 終わった後からだが楽で、帰ったら5時間半くらい眠りこけてしまいました。 驚いたのは夕食で、一つ一つの素材の味を強く感じ、いままで以上においしいと感じました。 これまでどれだけ自分の感覚を置き去りにして、力んでい...
More

気功とアレクサンダー・テクニーク2018/3/4(座間晶子さんを迎えて)

シアトル道教学院から、気功の教師でアレクサンダー・テクニーク教師でもある座間晶子(ざま・しょうこ)さんを1年ぶりにお迎えして、コラボ・ワークショップを行います。 晶子さんは混元気功という、子どもでもお年寄りでもできる易しい気功を紹介してくださいます。 そこにさらにアレクサンダー・テクニークの視点からのワークを取り入れることで、気功の姿勢や動きがより楽に学べる助けになれば、そしてみなさんの日常生活に応用できるようになればと思います。 今までの何度かの開催で、晶子さんの人柄の存在感の場のなかで気功を練習する時間のかけがえのなさを、私自身、いつも感じています。   晶子さんによると、気功をする際の動作の原則は、実はアレクサンダーテクニークの原則と共通するもの、とのこと。 晶子さんが紹介してくださった「虚領頂頸(きょりょうちょうけい」「気沈丹田(きちんたんでん)」という中国の言葉はアレクサンダー・テクニークで言うプライマリー・コントロールと同じだと教えてくださいました。 首が「虚」になると、気が丹田に満ちる、ということだと。 おもしろいですね。 よく、「東洋の考え...
More

樹木も人間も、環境に応じて自分を最適化させている。

もう去年の秋の話になってしまいますが、東京農大で樹木医の三戸久美子さんのお話と、アレクサンダー・テクニークのコラボ「樹木のかたちの読み解きかたとアレクサンダー・テクニーク」講座を行ったときのことを報告したいと思います。 三戸さんの「樹木のかたちの最適化」のお話、おもしろかったです。 木が、光を獲得するために自己最適化をし続けるという話。それは固定されたものではなく、ダイナミックな動きだということ。木は上に伸びていくだけでなく、置かれた環境その他によっては、横にひろがっていくものもあるし、枝をねじったり、石などのうえに乗っかったりもする。そういう「かたちの最適化」が、合理的な成長だというお話でした。 木は倒れかかった自分の体を起こすこともできるということです。 実際に散歩をしていて、そんなふうな木に出会うことがあると、そのダイナミックなたたずまいに感銘を受けますが、あらためて説明を聞いて、写真も見せてもらいながら、 「人間も同じなのではないか?」 と、私は思ったのでした。 人の姿勢としてよく、 まっすぐにしないといけないのでは? 曲がっていてはいけないのでは? 左右非対称だとよ...
More