セミスパイン=アレクサンダー・テクニーク的「建設的な休息」

セミスパインの概要 「セミスパイン(semi supine )」「コンストラクティブ・レスト(constructive rest )」とも呼ばれる、アレクサンダー・テクニーク的「建設的な休息」の方法を紹介します。 仰向けに寝て、ひざを立てて休む というだけの、シンプルな方法ですが、 眠るときでだけでなく、目覚めていながら、重力に支えられて休む時間をとることで、疲れやストレスをリセットして、痛みにつながりそうな癖もリセットして、新たに生き生きと動く助けになります。 ・仕事が終わった後や、リモートワークの仕事の合間に ・楽器の練習の前や、練習の合間、終わった後に ・緊張するようなイベントがあるとき、家を出る前に ・一日が終わった後、寝る前に一日の疲れをリセットして、よい眠りに入りやすくなるために ・いろいろなことを考えすぎているとき ・腰が痛いとき など、いろいろな場面で効果があります。 この姿勢は、背中全体と、後頭部と、足の裏--体の広い範囲で床からのサポートを感じられる姿勢です。 大地が支えてくれているので、...
More

アレクサンダー・テクニークの鍵は「首が楽で頭が上に前に~」なのか? 「頭が動いて脊椎と体全体がついてくる」なのか?

アレクサンダー・テクニークというと、 「首が楽で頭が上に前に~」 また別の言い方としては 「頭が動いて脊椎と体全体がついてくる」 というディレクションを思い浮かべる方が多いようです。 それを意識すれば、動きが改善するということですよね、と、思う人も多いのではないかと思います。 でも実際、それさえ意識すればうまくいくわけではなく…… それがアレクサンダー・テクニークというわけでもないのです。 「首が楽で頭が上に前に~」は、アレクサンダーさんが舞台に立ったときに声が出なくなるという問題の解決を目指していたとき、自分自身が、自分のやりたいことを邪魔するようなことをやっているらしい、という洞察を得て、どうすればそれをやめることができて、再び声を出せるようになるか、その試行錯誤として、鏡を使って自分を観察しつつ実験していたとき、最初に思いついた、自分に向けての指示だしでした。 でもアレクサンダーさんの声の問題は、それでは解決しなかったのです。 そのあと、「声を出そうとするとき、足でも何かをやっている」ということに気づき、人は体全体で働いているということを認識し直し...
More

「コントロールしないようにコントロールする」

アレクサンダー・テクニークを学んで、家で実践しようとしている人に知っていていただきたいこと…、 アレクサンダー・テクニークは、自分自身や自分の体の使い方をコントロールすることではありません。 むしろ、「コントロールしないようにコントロールすることです」 と、かつて私が習っていたスイス人のアレクサンダーの先生、イムレさんは言っていました。 自分の体に自然にそなわっている体のデザインを信頼して、それにまかせられるようになることで、もっと息がしやすくなり、楽に動けるようになり、もう少し楽に外の世界とかかわれるようになってくる…。 なので、自分を邪魔しないようになればいい。 なので、学んだことを、つねに意識していなくてもいいのです。 忘れたときに思い出せばいいのです。 そうすることで、少しづつかもしれませんが、確実な変化が起こってきます。 それが、「やりすぎをやめていく」ということです。 「なにかやりすぎていないか?」と、つねにチェックする必要はないのです。 常に自分を正しい方向に持っていこうとコントロールしようとすると、 かえって固くな...
More

「マインドフルネス」とアレクサンダー・テクニーク

最近「マインドフルネス」という言葉をよく聞きますが、 アレクサンダー・テクニークはまさに、マインドフルネスのワークではないかと私は思います。 アレクサンダー・テクニークは、「意識的に現在を生きる」ことであり、 からだとこころ含めた自分全体としての、「専念する」あり方 そのための具体的な方法なのではないかと思っています。 ただ、「意識的」という言葉を使うと、そこにはむずかしさがあって、 意識的なつもりで、言葉で分析する意識に入りすぎてしまう場合がある。 そうなると、いま・ここから離れてしまう。 なので、言葉にとらわれず、体の反応に気づいていて、でも、それにもとらわれないのが大事。 アレクサンダー・テクニークを実践することで、 それが体感的にわかってくるのではと思います。 私にとっては、そうだったのです。 (同じアレクサンダー・テクニークでも、やる人の数だけ違う考え方、やり方があります)。
More

5/18~5/21 兵庫県西宮市でのアレクサンダー・テクニーク

2018年5/18~5/21 兵庫県西宮市でアレクサンダー・テクニーク・ワークショップ&レッスンを行います。 関西は、私がアレクサンダー・テクニークに出会った場所です。 久しぶりに関西でワークショップができることになって嬉しいです。(5年ぶりぐらいになります)。 5/18(金)声を出すこととアレクサンダー・テクニーク 残り2名様 5/19(土)手の使い方=自分の使い方 5/20(日)自分で自分を支えなくていい~重力が支えてくれている 満員御礼! 5/21(月)お話会 & 個人レッスン 〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜 5/18(金)声を出すこととアレクサンダー・テクニーク このワークショップでは、私がアレクサンダー・テクニークで大事だと考える「自分全体」そして「やりすぎを、やめていく」という考えをもとに、 ・からだのなかから外に声となって出るまでの、空気の通り道をひらくこと~響きを生かすこと ・空気が入ってくることを、じゃましないこと ・首が自由なことと、あごが自由なこと、そして頭蓋骨 ・少ない力でも声を届かせられることを体...
More