「コントロールしないようにコントロールする」

アレクサンダー・テクニークを学んで、家で実践しようとしている人に知っていていただきたいこと…、

アレクサンダー・テクニークは、自分自身や自分の体の使い方をコントロールすることではありません。

むしろ、「コントロールしないようにコントロールすることです」
と、かつて私が習っていたスイス人のアレクサンダーの先生、イムレさんは言っていました。

自分の体に自然にそなわっている体のデザインを信頼して、それにまかせられるようになることで、もっと息がしやすくなり、楽に動けるようになり、もう少し楽に外の世界とかかわれるようになってくる…。

なので、自分を邪魔しないようになればいい。

なので、学んだことを、つねに意識していなくてもいいのです。
忘れたときに思い出せばいいのです。

そうすることで、少しづつかもしれませんが、確実な変化が起こってきます。

それが、「やりすぎをやめていく」ということです。
「なにかやりすぎていないか?」と、つねにチェックする必要はないのです。

常に自分を正しい方向に持っていこうとコントロールしようとすると、
かえって固くなって不自由になってしまうかもしれません。
なのでそれは必要ありません。

自分にすでにそなわっている力を信頼する、
アレクサンダー・テクニークは、それを学ぶことでもある。
と、私は感じています。

それは、繊細な命のはたらきに耳を澄ますこと
でもあるように思います。

 

現在地: HOME » アレクサンダー・テクニーク » ふだんの生活でできること » 「コントロールしないようにコントロールする」
Share Button