見るということ

きょうはレッスンのなかで、手芸をするときのワークをしました。
集中力が要るような細かい作業を熱中してやっていて、もっとやりたいのだけど、腕や肩や、目が疲れてしまう…というような経験をもつ方は多いのではと思います。

アレクサンダー・テクニークはそういうときにも役に立ちます。

ときどき、アレクサンダー・テクニークはゆるむこと、緊張を手放すことに役立つのでしょう? 集中するときには役に立たないのでは? と思われることもあるのですが、そんなことはないのです。

細かい作業をするときは、ある一点に視点のフォーカスを合わせる必要がありますね。
点にフォーカスしつつ、よぶんに体を固めないためにはどうしたらよいでしょう?

「目で見るのではなく、視覚野で見る」

ということを、私はここのところみなさんにお伝えするようになりました。(これは”アイボディ”で学んだことの一つです)。
視覚野というのは、頭の一番後ろにあります。
眼球からそこまで神経をとおって情報が伝わってきているのです。

「目は光を通すだけ、視覚野で見ている」

見たいものがあるとき、その見たいものから自分のほうに光と情報が入ってきて、目を通って脳のなかへ入ってきている。それを頭の後ろで受け取って認識している。

そう思うと、目で余計な緊張をしなくても、見えます。

私は、この原理がわかってから、目の疲れがとても減りました。

「見に行く」のではなく「見えてくる」

むこうからこちらに向かって情報が入ってくる。
「見に行く」のと逆の矢印を思ってみましょう、イメージしてみましょう。

(「思ってみましょう」という言い方を、私はアレクサンダー・テクニークのレッスンのなかでよくします。体というのは賢いもので、「思うだけ」で必要な変化は起こるものなのです。神経系のはたらきのおかげですね。「思うだけ」でいいところを「しよう」とすると、やりすぎになってしまうこともあります。このことを non-doing  (ノン・ドゥーイング)と言ったりします )。

手仕事のとき以外に、PCやスマートフォンを見るとき、読書、楽譜を見るときなどにも、よかったら応用してみてください。

私のアレクサンダー・テクニークのレッスンのなかでは、上記のことと、頭と首/脊椎の関係とをあわせて見ていきつつ、より立体的、具体的にワークしていきます。

見え方が変わってくるのはおもしろいです。

アレクサンダー・テクニーク・ブログ一覧はこちら

Share Button