8/29演奏や歌、8/30話す、聴く、9/5しゃがむ、かがむ、9/6手を使うことと体全体、8/31頭と首を自由にーオンライングループレッスン

■8月後半~9月前半のオンライン・グループレッスン 8月後半~9月前半は、以下のようにミニグループレッスンを行います。 毎回、入り口としてテーマを設定していますが、どんな内容が現れてくるかは毎回違って、どうなるかわからない。私自身、未知にひらいてやっているという感覚です。 具体的な話と、深いところの体験がつながっていくということが、ZOOM越しでも起こるのが、たのしいです。 1時間15分づつ、6名の小グループ。 単発のご参加、続けてのご参加、どちらも歓迎です。 8/29(土)演奏や歌、アートやパフォーマンス~自分全部での表現 →定員になりました 8/30(日)話す、聴く 8/31(月・夜)頭と首を自由にする、らくに呼吸する、らくに声を出す →定員になりました 9/5(土)しゃがむ、かがむ、ものや人を持ち上げる、力を使う 9/6(日)手を使うことと体全体(楽器を演奏する/道具を使う/家事etc.) 1回1時間15分のミニグループです。 料金等はすべて共通。最後に載せています。 ご都合と興味...
More

あがり症の方に

音楽家などの方から、コンサート、あるいはオーディションなどの本番であがってしまって普段どおりに演奏できない、と、相談されることがよくあります。「ふだんは、そんなこと起こらないのに、手がふるえたり、動かなくなったりする」と。 「そんなときどうしたらいいか」ということですが、本番の「そのとき」に対処できるアイデアも、ありますが、それと同時に「ふだん」のことを見直すこともやっぱり大事なんですね。 「ふだんは問題なく弾ける」と、たいがい、言われるし、それは本当だと思うのだけれど、ふだんも実は、問題ない程度に起きているなにかがある。ふだんなら問題がない何らかのその人の傾向が、本番になってアドレナリンが出てきたときに、強調されて現われてくる。そしてそれが、自分のパフォーマンスを邪魔することになってしまったりします。 それを変えたいとか、見直したいと思うのなら、やはり、「ふだん」のことを見てみることからはじめるのが、早道なのではと思います。 たとえば演奏家は、指の動きについてはすごく意識が高いのだけど、胴体とか、足とか、首とかのことは意識したことがなかったりする人が多いようです。...
More

1月7日(土)音楽のある暮らしに生かすアレクサンダーテクニーク(デビ・アダムスを迎えて)

人前で演奏するときの緊張、初見演奏、練習のコツ――どのあたりに関心をお持ちでも、アレクサンダーテクニークの基本原理を、自分にあてはめて活用することができます。 デビは演奏家として仕事のあらゆる面にアレクサンダーテクニークを活用しています。 アレクサンダー氏の発見に根ざした「インヒビション(抑制)」と「ディレクション(方向性)」について、デビは新鮮な視点を持っており、さらに、そこにテンセグリティや神経生理学などのもっと最近の概念も取り入れています。 参加者はご自分の楽器や疑問・質問を是非お持ちください。 ピアノのある部屋で行う予定です。 あがり症について― 正真正銘のあがり症も、もっと程度の軽い緊張も、人前で演奏するときの緊張体験がどんなものであれ、 アレクサンダーテクニークはそうした演奏体験が楽しさや喜びの体験に変わる可能性を提供します。 緊張や不安の症状を自分がどう解釈するかによって、いかにぎこちない道を転げ落ちてしまえるか、 また同じ症状を新たな視点でとらえることで、心の奥底では可能だと知っているような演奏体験へ いかに変容していけるかについて見ていきます。 ●講師紹介 デビ・...
More