9/10見ること、見えてくることと体全体、9/15演奏や歌に生かすーオンライングループレッスン

■9月中半のオンライン・グループレッスン 9月中半は、以下のようにミニグループレッスンを行います。 毎回、入り口としてテーマを設定していますが、どんな内容が現れてくるかは毎回違って、どうなるかわからない。私自身、未知にひらいてやっているという感覚です。 具体的な話と、深いところの体験がつながっていくということが、ZOOM越しでも起こるのが、たのしいです。 1時間15分づつ、6名の小グループ。 単発のご参加、続けてのご参加、どちらも歓迎です。 9/10(木/夜)見ること、見えてくること、見られることと体全体 9/15(火/夜)演奏や歌、アートやパフォーマンス~自分全部での表現 1回1時間15分のミニグループです。 料金等はすべて共通。最後に載せています。 ご都合と興味の合う方はどうぞご参加ください。 「全身を画面に映せる部屋や機器がないのだけど大丈夫でしょうか?」 というご質問をいただきましたが、大丈夫です。 体は全体がつながっているので、見えているところをとおして、見えていないところもわかるのです。 PCやタブレットが...
More

7/11画面を前にらくに居る~らくに見る 、7/18演奏や歌、7/19頭と首、呼吸と声 、7/17しゃがむ、かがむ、力を使うーオンライングループレッスン

■7月前半のオンライン・グループレッスン 6月はオンライングループレッスンができなかったのですが、 7月にはやります。 7/11(土)画面を前にらくに居る~らくに見る ←定員になりました 7/17(金)しゃがむ、かがむ、ものや人を持ち上げる、力を使う 7/18(土)「定義を保留する」~そして 演奏や歌も、日常生活も、自分ぜんぶで楽しもう 7/19(日)頭と首を自由にする、らくに呼吸する、らくに声を出す 1回1時間15分のミニグループです。 料金等はすべて共通。最後に載せています。 ご都合と興味の合う方はどうぞご参加ください。 「全身を画面に映せる部屋や機器がないのだけど大丈夫でしょうか?」 というご質問をいただきましたが、大丈夫です。 体は全体がつながっているので、見えているところをとおして、見えていないところもわかるのです。 PCやタブレットが望ましいですが、スマートフォンしかない方でも、少し離れれば上半身は映ると思うので、大丈夫です。 個人レッスンについてはこちらをご覧ください。 7/11(土) 画面を前にらくに...
More

3/18「見ること」「見られること」とアレクサンダー・テクニーク講座、第二回

「見ること」「見られること」とアレクサンダー・テクニーク講座、第二回を3月18日(日)に行います。 ---- アレクサンダー・テクニークを学び始めたころ私は、人前で話をしたり、緊張せずに歌を歌うことができるようになりたい、と、アレクサンダー・テクニークのクラスのワークのなかでよくチャレンジしていました。しかし私は、緊張してナーバスになって、周りを見ることができなかったのです。 それで先生に「周りを見て」と、よく言われていました。 人前に立ったときにちゃんと周りを見る、ということは、大事なことだとわかっているけれど、当時の私には難しくて、とてもできないことでした。 それができるようになったのは、 「見る」ために頑張る必要はないんだ、 ということがわかってきてからでした。 「見る」のではなく、「見えている」 「情報が光をとおして、すでに入ってきている」 それに気づけばよいだけなのでした。 また、「見る」というのは、眼球でやっているのではない。 ということを知ったのも大きなことでした。 後頭部の視覚野で見ているのでした。 それが、だんだ...
More

アイボディ、マティアス・アードリック来日

白状すると、私は、アイボディの熱心な生徒かと言われたら、実はそうでもない。のですが、 それでもマティアスのワークが好きなので、毎年受けています。 眼の疲れが取れるし、頭がすっきりします。 (それと、チャーミングな人柄のマティアスに会えるのがうれしい(*^_^*)) 【マティアス・アードリック来日 アイボディ・レッスン】 自分の目や視覚のことが、気になる方へ 視覚と脳と体のつながりが、気になる方へ アイボディという、目と脳の使い方のレッスンをする、マティアス・アードリックさんが8月おわりに来日します。 アイボディ(EyeBody)は、アレクサンダー・テクニーク教師であったピーター・グルンワルドが、自分自身の極度の近視を治したいと、独自にワークを発展させて目の使い方/脳の使い方のワークをはじめたものです。 ピーターは10センチ先もぼやけるほどの近視だったそうですが、今は全く眼鏡を使っていないのです。 いまは、アイボディは単に視力をよくするのが目的ではなく、自分の目、そして脳の使い方の癖を知り、それを変えて、より生き生きと、”今に生きる...
More

見えないところで視覚野を使う(アイボディ合宿)

この写真は、先月はじめに京都であった、ピーター・グルンワルドの”アイボディ(Eyebody)”の合宿のときのものです。京都の北部の修学院というところにある関西セミナーハウスのなかに、100年前につくられた能楽堂があって、今回はそこを会場に、三泊四日のセミナー合宿がありました。 その最後の日の朝、視覚の経路をたどる瞑想を、みんなでしていたら、猿たちが大勢、庭をとびまわっていて・・・。 すごいスピードで庭の端から端までかけまわったり、木に登り、そこから、とととと、と、足音をさせて、屋根に登り、すごく元気な猿たちでした。 子どもを連れた親たちが、何家族か、いるようでした。 大人の猿や、走り疲れた猿は、屋根のてっぺんに上って、のんびり座っていました。 ----- さて、アイボディとは、ピーター・グルンワルドさんが、アレクサンダー・テクニークやほかのワークを、自分自身の経験をもとに独自に発展させてできた、目の使い方、そして脳の使い方のワークです。 ピーターは10センチ先もぼやけるほどの近視だったそうですが、今は全く眼鏡を使っていないのです。でも、ワー...
More