ワークショップ:樹木のかたちの読み解き方と、アレクサンダー・テクニーク

樹木医の三戸久美子さんと一緒に、東京農大世田谷キャンパスで、 「樹木のかたちの読み解きかた(VTA - Visual Tree Assesment)」と、アレクサンダー・テクニークの、コラボレーションのワークショップをすることになりました。   重力とのつきあい方を、 樹木の場合と、人間の場合両方で、見ていく時間にしたいと思っています。   樹木がどういうふうに重力とつき合っているかについての 奥深い世界について、 三戸さんにスライドを見せていただきながら 一緒にお話をききましょう。   そして、私の担当時間では、人間について、 実際に立っていることを体験したり、動いたりしながら、 重力を、私たちを邪魔しているわけではなく、 サポートしてくれているもの、として、 とらえてみる時間にしたいな、と思っています。そして樹木と人間の、共通する点、違う点について 味わう時間にできたらと思っています。 はじめての試み、私自身、楽しみです。 みなさんとご一緒できたらうれしいです。個人的に、私は、木が大好きで、 木のことをもっと理解で...
More

デビ・アダムスさんのワークが終わって-2 重力とサポート

ボストンのアレクサンダー・テクニーク教師デビ・アダムス(Debi Adams)さんの来日レポートの続きです。 今回、デビさんは来日する前、「『サポート』と『重力』をテーマにワークショップをやりたい」と言っていたのです。 でも、それを聞いて私は、「うーん、私には、あまりぴんとこないテーマですね。それより『インヒビション(抑制)』と『方向性』といった、アレクサンダー・テクニークの原理を、デビなりに紹介してもらえませんか?」と、独断と偏見でそんなふうにお願いしたのでした。 でも、デビのなかで、『インヒビション(抑制)』『方向性』『サポート』『重力』は、みなつながりがあるとのことで、サポートと重力の話もたくさん出てきました。 (ただデビは、「私は『方向性』のことはあまり言わない。『方向性』は、インヒビション(抑制)の結果として出てくるものだと考えているから」と言っていました。私もそれには同意です。) それらの一連の話にかかせないのが、『テンセグリティ』の話。 『テンセグリティ(tensegrity)』とは、tense(張力/緊張)と、 integrity (統合)を掛け...
More