アレクサンダー・テクニークとモンテッソーリ教育

7月6日、「モンテッソーリ@ホーム」という、おうちでできる範囲でモンテッソーリ教育の考え方を生かして、子どもが育つのを邪魔しないために大人がどんなことをできるかを勉強する会に参加させていただきました。東京や埼玉から、子どもたちを連れたお母さんお父さん方が集まっていました。 赤ちゃんはお母さんの背中で、3歳〜5歳くらいの子どもたちは部屋の隅で、おもちゃで遊んだり、おもちゃ以上に子どもたちが大好きなお掃除道具を使って熱心にお掃除したりしていて、部屋の真ん中では深津高子 さん(AMI 国際モンテッソーリ協会)のお話を聞いた後、子育ての具体的な困りごとについての質疑応答。 これが、聞いててとても勉強になります。 たとえば、子どものこだわりは大事だと頭でわかっていても、ついていけない、というような困りごとには、子どもの年齢を聞いて、もっと高度なお手伝いをさせてみて。やっていることが簡単すぎるから、こだわりのほうに行ってしまっているのかも、というような答えがあったり…(言葉は高子さんが言っていたのとは違ってます) 高子さんは大人たちに向かって話をしながらも、端で遊んでる子ど...
More

子どもとのアレクサンダー・テクニーク・レッスン

アレクサンダー・テクニークのレッスンに、最近、お子さんもいらしてくださるようになりました。 レッスンしていて、子どもがどんどん生き生きして、最後は飛びはねながら帰っていくようなこともあって、私も楽しくレッスンしてます。 今のところ、レッスンを受けているのは、7歳ぐらいのお子さんからです。 もう少し小さくでもレッスンできるかな? やってみないと、わからないかも? 音楽が好きで楽器を習っている子どもや、スポーツをやっている子どもや、 あるいは、何か特別なことをやっているわけではなくて、ただ日常のなかで、「姿勢が悪くて」すぐに”ぐにゃっ”としてしまうことを保護者の方が心配して、来られることもあります。 小さなお子さんとのレッスンでは、 ・いろいろな動きをやってみること ・テーブルに寝た姿勢でのワーク (意外とライダウンワークが好きな子どもが多いようです) ・何か興味があることがあれば、それをやってみる(楽器や、スポーツや、遊びや、その子どもが興味を持ってよくやる動きや姿勢を) ・少し大きい子どもなら、骸骨の模型を見たりしながら、人間の構造に興味を持ってもらう ということなどを中心...
More

震災のときの子どものケアについて

みなさん、いかがお過ごしですか? 国際モンテッソーリ協会理事の深津高子さんから、 「幼い子どもたちが避難する際のケアについて」 というレポートが、私が購読しているメーリングリストあてに届きました。 子どもの目線に立った、すばらしいレポートだと思います。 後日註 )震災の直後に届いたレポートでしたが、震災以外のトラウマに遭われた子どもや大人のケアのためにも役立つと思います。 また、避難に限らず、引っ越しなど、環境が変わるときの子どものケアにも役立つと思います。 避難している子どもたちはもちろん、首都圏でいまのところ被害が少なくて、地域にとどまっている子どもたちをケアするときにも、役に立つと思います。深津さんの許可を得て掲載します。 地域にとどまっている子どもたちと、保護者の方がたには、後半の 【地震のときの対応】【被災地での本や話の内容】が、とくに役に立つと思います。 また、【避難先に着いたら】のなかの、「手や体を動かしましょう」「お手伝いもしてもらいましょう」というのも、家でもできることですね。 そしてもちろん、平常に戻ったときの子どもとの接し方にも、普遍的に役に立つと思い...
More