3/18「見ること」「見られること」とアレクサンダー・テクニーク講座、第二回

「見ること」「見られること」とアレクサンダー・テクニーク講座、第二回を3月18日(日)に行います。 ---- アレクサンダー・テクニークを学び始めたころ私は、人前で話をしたり、緊張せずに歌を歌うことができるようになりたい、と、アレクサンダー・テクニークのクラスのワークのなかでよくチャレンジしていました。しかし私は、緊張してナーバスになって、周りを見ることができなかったのです。 それで先生に「周りを見て」と、よく言われていました。 人前に立ったときにちゃんと周りを見る、ということは、大事なことだとわかっているけれど、当時の私には難しくて、とてもできないことでした。 それができるようになったのは、 「見る」ために頑張る必要はないんだ、 ということがわかってきてからでした。 「見る」のではなく、「見えている」 「情報が光をとおして、すでに入ってきている」 それに気づけばよいだけなのでした。 また、「見る」というのは、眼球でやっているのではない。 ということを知ったのも大きなことでした。 後頭部の視覚野で見ているのでした。 それが、だんだ...
More

「『見ること』『見られること』とアレクサンダー・テクニーク講座」を終えて

先週行った「『見ること』『見られること』とアレクサンダー・テクニーク講座」、実は開催前からいつになく関心が高く、早くに満員御礼になっていた講座だったのですが、 「見る」「見られる」というのは本当に幅が広くて… たとえば人に出会うこと、人前に立つこと、パフォーマンスをすることなどから、本を読むこと、パソコンで仕事をすることなどまで、いろいろなことが含まれていますね。 その幅広いテーマのもとに集まってくださった方に、どれだけ満足していただけることができるかなあ、と、自分でテーマを設定しつつ、ちょっと、どきどきだったのですが、それぞれ、その人に必要なものを持って帰っていただけたようです。 感想をくださった方に了承をいただいて以下に掲載させていただきます。ありがとうございます! ーー 「『見ること』『見られること』とアレクサンダー・テクニーク講座」をありがとうございました。 終わった後からだが楽で、帰ったら5時間半くらい眠りこけてしまいました。 驚いたのは夕食で、一つ一つの素材の味を強く感じ、いままで以上においしいと感じました。 これまでどれだけ自分の...
More