「坐骨神経痛に悩まされていました。痛みからの解放を感じられたことが新鮮でした」。

10年ほど前に腰椎椎間板ヘルニア に腰椎分離症を併発し、その影響で坐骨神経痛があり、右足に軽度の感覚マヒがあり、左右の足の筋力に差があって、転びやすいといったことに悩まされてきま した。骨盤ベルトで腰部を固定する事で何とか仕事を続けてきましたが、昨年、仕事中にギックリ腰になりました。その後リハビリを兼ねてバレエストレッチを 始めようと思いましたが、バレエ教室の先生のアドバイスを受けて、アレクサンダー・テクニークを受けることにしました。

レッスンの中で一番新鮮に感じたのは「痛みからの解放」を自らの身体で感じられた体験でした。ワークの中で、痛みから一時的であっても開放されるという体験は精神的にも肉体的にも新鮮な驚きと感動でした。

レッスンを続けていく中で、自分の中にある日常の動作のクセを知ることで、それを意識しながら、身体のより良い使い方をしていくことで、それが綺麗な動作につ ながり、また、怪我(私の場合、以前は起き上がる時によく首や腰を痛めた)を防いだりするのに大いに役立っています。

アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けはじめて一年半になりますが、一番変化したことは、 自身の視点の解放とでも言うべきでしょうか。身体のより良い使い方を学ぶだけでなく、今までに気づかなかった(気づけなかった)ことに気づいていくこと で、いろいろな事に興味や関心を持って取り組めるようになりました。最近では8月のワークショップ「声(音)を発することと聞くこと」に参加した後から、 アカペラの素晴らしさに気付き、先日もアカペラに飛び入り参加してきました。

アレクサンダー・テクニークを今後の生活に生かし ていく為には、これからもレッスンを続けること (笑)だと思っています。仕事が忙しい上に、プライベートでもライフワークとして やっていることなどもあって、月一回のペースではありますが、継続していく中でまた 新たな発見と視点の開放を期待しています。

バレエストレッチ、ピラティス、ヨガ、自彊術などもそれぞれに良さがありますが、アレクサンダー・テクニークは自分自身に気付いていくための道具として、そこからさらに色々な可能性につなげてくれるものとして、これからも大切にしていきたいと思っています。

(M.Mさん 埼玉県)

Share Button