楽器の音が変わる/楽器の重さが変わる(ワークショップ報告)

きのうは「手を使うことと体全体」をテーマにアレクサンダー・テクニーク講座を行いました。 楽器を演奏する方が何人かいらっしゃいました(ビオラ、ギター、太鼓)。 「『アレクサンダーテクニークやると音が変わる』って聞きますけど、そんなことがあるんですか?」 と、初心者の生徒さんに聞かれたので、 そういうことも、よくありますよ、と言いつつ、 あとは実際にやってみて、みなさんに判断してもらうということに。 講座では、基本的なことをみなさんでやった後、後半、それぞれの方が気になっていることや、今とりくんでいることをやる時間。 ビオラとギター演奏も、順番にしていただきました。 まず一回弾いていただいて、 気づきが薄いところの気づきをうながしたり、動きを止めているところの動きを思い出したりするために、軽く触れてサポートしたりした後、 もう一回弾いていただきます。 ご本人たち、より楽しそうに、より楽そうになって、 聞いてる方も、「ぼんとに、音が変わりますねえ!」と。 体全体、自分全体を使えるようになると、音、変わりますね。 (註:変化は、その人、状況によって違うので、いつも違いが聴いて...
More