「人前に立つときに楽さを見つける」ワークショップのご感想(ビオラ奏者の方より)

先日開催したデビ・アダムス「人前に立つときに楽さを見つける」ワークショップでは、アレクサンダー・テクニークの原理を人前でのパフォーマンスに応用することをテーマに、デビさんとみなさんで一日探究を深めました。 参加者のおひとり、市民オーケストラのビオラ奏者でいらっしゃる生徒さんから、ご感想をさっそくいただきましたので、ご本人の許可を得てシェアさせていただきます。(ありがとうございます。) --- ゆりこ先生おはようございます。 先日はデビ先生のワークショップを、どうもありがとうございました。 デビ先生のワークショップで、観客の立場で皆さんのパフォーマンスを聞いていると、サポートを思い出して朗読や演奏をされた時は、より気持ちを動かされました。 聞いているだけで、その方に直接触れていないのに、パフォーマンスされる方とのつながりを感じるのが不思議でした。 みんなで輪になって、膝を緩めたり、固めたりしたワークが、人の距離が離れても起こるのを体験したかもしれないです。 自分が演奏する側になったときは、お客さんはかろうじて視界に入っていましたが、そちらを見ようとか、届けようとまでは意識で...
More

オーケストラの共演者同士のアレクサンダー・テクニーク・レッスン

先日、オーケストラでビオラを弾いている3人の方がいらして、ミニグループレッスンをしました。 終わって、おひとりの方が、次のように伝えてくださいました。 「私にとっては夢のような時間がありました。 ずっと3人で弾いてきたのですが、いつもとは全く違いました。 誰が誰に合わせるというのではなく、 自然につながりがある、不思議な感じでした。 眼だけ、耳だけ、音だけ、ではなく、 3人だけでもなくて、 その時には空間全体を感じていたような気がします。」 私が、常日頃から大事なことだなあと思っていることを、 当日その場では言ったわけではないのに、 実際に体験して、感じとってくださったようで、うれしく思いました。 - 当日やったのは、 まずは体のレベルで、意識の向け方を変えてみるということによって、 自分の体を体験する感覚が変わるということ。 自分で体を動かしたり、私が体に触れることで、 いつもと違う意識の向け方が起こると、 ・体の中心軸と、指先の関係が実感できる ・重力からサポートされていることが体験できる ・腕の根元から指先まで、長く使えて自由に動かせる ……というようなことから...
More