アレクサンダー・テクニークの鍵は「首が楽で頭が上に前に~」なのか? 「頭が動いて脊椎と体全体がついてくる」なのか?

アレクサンダー・テクニークというと、
「首が楽で頭が上に前に~」
また別の言い方としては
「頭が動いて脊椎と体全体がついてくる」
というディレクションを思い浮かべる方が多いようです。
それを意識すれば、動きが改善するということですよね、と、思う人も多いのではないかと思います。
でも実際、それさえ意識すればうまくいくわけではなく……
それがアレクサンダー・テクニークというわけでもないのです。

「首が楽で頭が上に前に~」は、アレクサンダーさんが舞台に立ったときに声が出なくなるという問題の解決を目指していたとき、自分自身が、自分のやりたいことを邪魔するようなことをやっているらしい、という洞察を得て、どうすればそれをやめることができて、再び声を出せるようになるか、その試行錯誤として、鏡を使って自分を観察しつつ実験していたとき、最初に思いついた、自分に向けての指示だしでした。

でもアレクサンダーさんの声の問題は、それでは解決しなかったのです。

そのあと、「声を出そうとするとき、足でも何かをやっている」ということに気づき、人は体全体で働いているということを認識し直しました。

そして試行錯誤の結果、よい状態でいられるようになりました。声を出そうとしていないときには…。しかし、声を「出そう」としたその瞬間(critical moment)に、無意識に、自分は何かをやっている、ということに気づいたのです。

この問題は、体のレベルだけで起こっていることではなく、メンタルと関係のあることで、まわりの状況との関係のなかで起こっていることだ、と、わかりました。
体、心、まわりの環境との関係は、切り離させないことだと気づきました。

それでアレクサンダーさんは、
「手をあげようと思って、でも、あげない」
「手をあげようと思って、別のことをする」
「手をあげようと思って、手をあげる」
という、3つの選択肢を同じ質で選べるようになる練習をしました。

そして「声を出すことを思う」ことについても、同じように練習しました。

それでとうとう、望まない自分の反応を抑制することができるようになり、再び声を出せるようになったのです。

これが、FMアレクサンダーの最初の本 ”The Use Of The Self”(『自分のつかい方』 )に書かれた、アレクサンダーさんのお話です。

このアレクサンダーさんのお話をまとめると、アレクサンダー・テクニークの肝となるのはけっして、「首が楽で頭が上に前に~」ではありません。

「無意識でやっている、自分を邪魔していることを抑制すること」
であり、
「自分全体」
「まわりの状況との関係のなかでの自分の反応のパターンを見直すこと」
なのです。

――

かといってもちろん、首が大事であることには変わりないし、アレクサンダー・テクニークで首にワークすることはよくあることも変わらないですが、それがアレクサンダー・テクニークの全てかと言われれば、そうではない、いうことを書いておきたいと思いました。

そして、
抑制/やめること
自分を全体としてとらえること
まわりとの関係をとらなおすこと

によって、結果的に、首がらくに自由になる、
ということがよくある、と、私は実感しているので、
私自身はそういう順番でワークすることも多いです。

――

私自身、学び始めたころ、「首が楽に~」と思おうとしても、首が楽にならないのよね、と、よく思っていました。

それで、それにとらわれるのはやめようと決めて、自分なりに、どうしたら首が楽になって動きや状態が改善するのかということを、いろいろな先生について学びながら試行錯誤してきて今に至ります。

でも、アレクサンダー自身、「首が楽に~」というディレクションによって動きや状態が改善したわけではなかった、という事実に気づいたのは、教え始めて何年も経ってから、ボストンの先生、デビ・アダムスさんと一緒に、”Use of the Self”を読んでいたとき、デビが教えてくれて、はじめて気づきました。

“Use of the Self”は、アレクサンダー・テクニーク教師にとっての必読書なので、読んではいたのですが、いろいろな要素にとらわれて、全体の流れが読めていなかったのです。
「欧米のアレクサンダー関係者でもそういう人が多いようで、これに気づいていない人が多いのよ」と、デビさんは言っていました。

参考:

”The Use Of The Self” 英語版
F.M. Alexander

『自分のつかい方』
鍬田かおる訳、 フレデリック・マティアス・アレクサンダー著

Share Button