ルシア・ウォーカー・インタビュー2003年5月8日 東京にて はじめに

 ルシア・ウォーカー(Lucia Walker)さんに私が最初に会ったのは、教師養成コースでトレーニングを受けていた最後の年、卒業する少し前の1999年の6月でした。そのとき彼女は始めて来日して、3週間、私たちのコースのゲストの教師として来られました。評判ではルシアは、ご両親もエリザベスとディックというアレクサンダー・テクニークの教師で、しかもそのご両親はF.M.アレクサンダーから直接習った先生のうちの数少ない生き残りということで、「なかなかすごい人らしい」という評判でした。  会ってみたら、おどろくほど「ふつうの人」というか、等身大の人というか、生徒たちのなかに紛れてしまうほど、自分を特別に見せない人でした。しかし3週間ほぼ毎日会ううちに、彼女が教えるときとても明確な意図を持っていて、それを、その人にそのとき必要なだけ明確に伝えてくれるすばらしい先生だということがわかってきました。。そしてそれを、特別なものとして伝えるのではなく、ひとりひとりが使えるものとして教えてくれる先生でした。  ルシアは、コンタクト・インプロビゼーションというダンスを踊り教えるダンサー/ダンス教師でもあります...
More

ルシア・ウォーカー・インタビュー 2003年5月8日 東京にて その1

 ールシアはどういうきっかけでアレクサンダー・テクニークを学びはじめたのですか?  思い出してみるわね。一番の理由は、もっと自由に動きたいということだったと思う。ちょうど、ほぼ同じころに、ダンスに興味を持ちはじめていたから。最終的に、あるダンスのフォームを教わった。それもまた、よい使い方を見るということだった。がんばって動くというよりは、動きのほうへ解放されていくということだった。そして、太極拳というものがあった。太極拳は、もっとエネルギー的な次元の動きだった。それで太極拳も習ってみた。何かの拍子に、ほんとうに違う状態に入ってしまった感じがしたときのことを今でも思い出せる。いつもよりずっと軽くて、満ちていて、ずっとパワフルな感じだった。それまでアレクサンダー・テクニークのことをいくらかは知っていたけど、それほどには知らなかった。でも、そのとき突然理解したの、たぶんアレクサンダー・テクニークがめざすものもこういう状態なんじゃないかな、って。それで急に興味をもちはじめたの。もしこういう状態にもっと楽に到達できたら、と思ってね。  もうひとつ、動きに興味をもちはじめる前に、アレクサンダー・...
More

ルシア・ウォーカー・インタビュー 2003年5月8日 東京にて その2

ルシア・ウォーカー・インタビュー その1から続く ールシアはどういう教え方のスタイルが好きですか?  そうね、わからないな。いろいろなところにすごく尊敬している先生たちがいるし、すごく尊敬している教え方がある。私がほかの人たちの教え方を尊敬していたり、うらやましいと思ったりするとき私は、「何が起こっているんだろう」と見てみるの。それで、私もそれを学んで自分のものにしたいと思うこともあるし、あるいはただ、誰かがその人なりのやり方をとてもいい感じにしているのを楽しむだけのこともある。私はほかの人びとのほかのやり方をとり入れることが多いわね。  でもそれとはべつに私は自分がやっている自分のやり方があるということもわかっている。だから私はそのやり方が好きなんだろうね。あるいは、それがうまくいくと思っているんだろうね。でも、決してそれがただ一つの教え方だとは思っていないし、一番いい教え方だとも思っていないの。それはただ、私がやっているやり方なの。  ーではルシア自身が教え方としてやっているやり方とは?  状況によって違うのよね。いろんなことが混ざり合っているわね。たぶんこの、混ざり合っている...
More

ルシア・ウォーカー・インタビュー 2003年5月8日 東京にて その3

ルシア・ウォーカー・インタビュー その2より ーあなたのところに来る生徒さんたちは、どのような理由で来る人が多いですか?  幅広くいろいろな人が来ますね。ミュージシャンやシンガーの人はかなり多いですね。それと、人生に満足していなかったり、健康に満足していなかったり、また、「人生に自分で責任を持ちたいんです」と言う人もいます。それと、なんというか「なにかがちょっと足りない」と感じているような人が来ているかな。もっと深刻な人もいます。背中に問題があったり、痛みがあったり、それでほかのことをいろいろ試してみたけれどどれもうまくいかなかったので、 アレクサンダー・テクニークが最後の頼み、というような人もいます。  また、来る人たちのなかには好奇心だったり、より意識的・自覚的になるということに興味を持っている人たちがいます。 私自身がそういうことに興味を持っているからかもしれません。 人はそれぞれがワークしたいと思ってることを自ずから引き寄せるものだというのが私のちょっとしたセオリーなの。うれしいことよね。  この2年間、修道院で教えているということ、あなたにすでに話したと思う。最初、シスターが...
More

An Interview with Lucia Walker May/8/2003 in Tokyo: Introduction

I met Lucia for the first time in June 1999, in the last year of my teachers training. She visited our training course in Japan and taught for 3 weeks as a guest teacher. Before her visit, people had talked about her, saying that her parents were also great teachers who is learnt directly from F. M. Alexander (the founder of the AT). My first impression of her was very ordinary person. She didn't seem special -she almost disappeared among students. But in 3 weeks, I found out that she always has...
More