11/22(土)ワークショップ:見ることとアレクサンダー・テクニーク

11/22(土)文京区 アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ
      見ること
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

私たちは本当にあらゆる場面で、見るという行為をしています。

パソコンを見る、携帯電話やスマートフォンを見る、本を読む、街を歩く、美術館で絵を見る、電車に乗る、キャッチボールをする、料理をする、楽器を演奏する、道具を使う、人と話す、人前で話す etc. etc.

見るときの癖、いろいろありますよね。
見てて、目が疲れたり、首や肩が痛くなるという人は、少なくないと思います。

見るときに、あなたはどんなふうに目と、そして、脳を使っているでしょうか?
また、目や頭だけでなく、見ようとするときの、自分の使い方の癖があるでしょうか?

見るということをテーマに、アレクサンダー・テクニークを使って、
いろいろみなさんで探究してみたいと思います。

参考:「見る」こととアレクサンダー・テクニーク ゆりこのブログ記事集

————————————————————
11/22(土)13:30~16:00 東京都文京区内
………お申し込みの後、ご案内をお送りします。
参加費:5000円
定 員:10名
講 師:石井ゆり子
申込み・お問合せ:
    yuriko@littlesounds.com
    電話 090-2535-6009
————————————————————

【石井ゆりこについて】
1988年にアレクサンダー・テクニックを学び始め、1999年に教師認定(ATI)、東京を拠点に教え始める。
音楽家、看護・介護職・対人援助職の方、肩こりや腰痛、頭痛、不眠、対人緊張などに悩む方などに教える。
野口整体、プロセス指向心理学も継続して学ぶ。自然としての人間を、心身を一つのものとして扱うワークに関心をもつ。また、ひとの多様性、自分の心とからだを自分のものとして取り戻すというテーマに興味がある。ギター弾き語りが趣味。
著書『ラクになる介護術』(誠文堂新光社)『演奏者のためのはじめてのアレクサンダー・テクニーク』(ヤマハミュージックメディア)

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちらです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です