ワークショップ:ポスト3.11を生きていくために~自分、場、大地とつながる

みなさんこんばんは

お元気でお過ごしでしょうか?

去年も何度か一緒にワークをした、坂元仁美さんが、5月に来日されます。
それで、5月23日(月)に鵠沼で、ワークショップをすることになりました。
先日、スカイプで相談して、大枠が決まりました。
平日ですが、いらっしゃれそうな方は、ぜひ、空けておいてください。

坂元仁美さんは、ロンドン在住の、プロセスワークの先生です。
プロセスワークは深くて楽しいワークです。アレクサンダー・テクニークとつな
がるところが多く、補い合うところも多いワークです。

今回は、主にプロセスワークの方法を中心として、アレクサンダー・テクニークのワークも合間にいれて、ワークしていく予定です。

*****************

ポスト3.11を生きていくために~自分、場、大地とつながる

日 時:2011年5月23日(月)11時?17時
場 所:littlesounds鵠沼スタジオ
参加費:5000円(今回、震災後ということで、通常より安くして参加しやすくし
ました。お昼ごはんも込みにできるかも(検討中))
定 員:10名
ファシリテーター:坂元仁美、石井ゆりこ
お申込み、お問合せ:石井ゆりこ yuriko@littlesounds.com

【内容】

・心身の疲れが出る時期なので、からだに気持ちを向けてケアする。

・震災とその後に関して自分の気持ちや体験、気になっていることをシェアする。

・場にあるいろんなロール(要素、役割)に気づき、それに居場所をあたえるエクササイズ。たとえば、「がんばる」「休息」「死者」「死者を悼む」「変化」「変わらないもの」「安全」「不安」「津波」「原発」「大地」・・・などなど。

・自分の実感にしっくりくる要素、役割、逆にそぐわないもの、反発するもの、
それらを深めてみるエクササイズ。

・大地につながるエクササイズ、これからの自分の課題と、それを思い
出させてくれるようなシンボルを持ち帰る。
・そこで出てきたエネルギーをダンス、ムーブメントにしてみる。一筆書きによ
るシンボル。

<ファシリテーター・プロフィール>
坂元 仁美(さかもと ひとみ)

臨床心理士。PWI認定プロセスワーカー。
現在、「アウェアネス」をキーワードに、臨床心理、プロセス指向心理学、死生
学、素人なりに興味を持って学んで来た様々なことをなるべく
シンプルな形にまとめながら、HP、ニュースレター、ワークショップ、スカイプ・セッション等を通して伝えることに取り組んでいます。
日本プロセスワークセンター・ファカルティー。ロンドン在住。
ホームページ:http://www.innerawareness.org

石井ゆりこ

HOME

それではまた♪

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です