”上に” は、結果。上に持っていこうとしなくていい。

アレクサンダー・テクニークのレッスンで、「頭が上にある、ということを思い出しましょう」などと、よく言うので、それが生徒さんの印象に残るようで、帰ってからも、「頭が上に」ということを、意識している生徒さんが多いと思います。アレクサンダー・テクニークの本にも、そういうことが、よく書かれていますしね。 そういう意識は、よいことの場合が多いけれど、実は逆効果になってしまう場合もあります。 レッスンで、「頭が上にある、ということを思い出しましょう」と、私は言ったりしますが、 それはあくまで、事実として今、頭が上にある、ということ。 それ以上に”上に”持っていこうと思うと、何かをやりすぎてしまうことがあるのです。 「頭が上に」と、「頭を上に」の違い、と言ってもいいかな。 事実として今、頭が上にある、ということを、”思い出す”ことによって、もし首や背骨を縮めていた場合は、縮めることが抑制されて自然に伸びていくことが、自然に起こりやすくなります。 ただし、その人の状態によっては、伸びていかないこともある。 そうすると、伸びることを起こしたくて、上にひっぱりあ...
More