愉気の会~触れることについて(アレクサンダー・テクニークと共通するもの)

整体(野口整体)の、「愉気(ゆき)の会」に、ひさしぶりに参加しました。 整体協会の本部道場がある二子玉川も、何度も通いましたが、ひさしぶりに来てみたら、再開発で大規模に工事中で、全然変わってしまっていました。 でも本部道場が近づくと、変わらない風景です。 講座では最初に野口裕介先生のお話がありました。 註) 野口晴哉先生のご子息のひとりです。 「進化論が正しいかどうかはわかりませんが、そういうひとつの考え方がある」などといいながら、人類のはじまりから、人類が、スピードが出て安定する四足歩行をあきらめてまで、手を使うようになった話、それから、手を使って愉気をする話になるという、壮大な話を、いろいろ脱線しながらされて、おもしろかったです。 それから全員で円を作って、手をつないで気をあわせ、手の感覚をとりもどす。そして、脊椎行気(=背骨に気を通すこと)、二人組みで、ひとりが寝て、背中に愉気 という流れは、何年も変わらずいつも同じです。その後やることは、季節にあわせて変わります。先日の会では、横向きになって股関節の愉気をやりました。 愉気の会は、最初は子どもをもつお母さん向けにというこ...
More

「頭の穴追いの愉気」

先日、ひさしぶりに、整体協会の「愉気法研究会」に行ってきました。 今回のテーマは、「頭の穴追いの愉気」です。 秋口には、頭の神経が過敏になることが多いので、 神経を休めるためにも、いい愉気だそうです。 私自身、秋口には頭が痛くなったり、神経が疲れたりする傾向があるのを感じていて、 何年か前にこの「頭の穴追いの愉気」をやった後、とてもすっきりして以来、 気に入ってしまいました。 愉気っていうのは、自分自身に気を集めながら、相手にじーっと手をあてるというやり方です。 アレクサンダー・テクニックのハンズオンとも少し似ているところもあるけれど、自分も相手も基本的にじーっとしているところが、まず違うかな。 でも、まず自分自身に気を集める。相手に『何かしてあげよう』とか、『気を送ろう』とは思わなくていい。むしろ思わないほうがいい」というところが似ています。 アレクサンダー・テクニックでも、必要なのはnon doing hand (何もしない手)だなんて言います。 しかし「頭の穴追いの愉気」は、ほかの愉気にくらべても、 普通に考えるとかなりミステリアスです。 「頭のてっぺんの、目と耳の交差し...
More