3/18「見ること」「見られること」とアレクサンダー・テクニーク講座、第二回

「見ること」「見られること」とアレクサンダー・テクニーク講座、第二回を3月18日(日)に行います。 ---- アレクサンダー・テクニークを学び始めたころ私は、人前で話をしたり、緊張せずに歌を歌うことができるようになりたい、と、アレクサンダー・テクニークのクラスのワークのなかでよくチャレンジしていました。しかし私は、緊張してナーバスになって、周りを見ることができなかったのです。 それで先生に「周りを見て」と、よく言われていました。 人前に立ったときにちゃんと周りを見る、ということは、大事なことだとわかっているけれど、当時の私には難しくて、とてもできないことでした。 それができるようになったのは、 「見る」ために頑張る必要はないんだ、 ということがわかってきてからでした。 「見る」のではなく、「見えている」 「情報が光をとおして、すでに入ってきている」 それに気づけばよいだけなのでした。 また、「見る」というのは、眼球でやっているのではない。 ということを知ったのも大きなことでした。 後頭部の視覚野で見ているのでした。 それが、だんだ...
More