「力を抜く」ことのむずかしさと、「方向性」

 力を抜くことについて、以前、書いて、すぐに続きを書くつもりが、時間が経ってしまってすみません。 「力を抜く」ことが大事なことだ、と、最近よく言われるようになりました。 たしかにそうなのですが、「力を抜こうと思っても、なかなか抜けないんです」と、言われる方が多いです。 「力を抜く」って、けっこう難しいことだと、私も思います。 「力を抜こう」としている人がよくやっていることに、力を抜こうとして体を押しさげてしまっている、ということがあります。 肩を下に押し下げてしまっていて、その結果、肩の下にある肋骨や、肺を狭めてしまっていたり、お腹を縮めてしまってことが、よくあるのです。 そうすると、呼吸がしにくくなってしまいます。 声を出そうとするときや、息を吐こうとするとき、管楽器を演奏しようとするとき、「力を抜こう」として、よけいに肺を圧迫してしまっているケースは、意外と多いのです。 たしかに肩があがってしまっていては、よくないというのはそのとおりなのですが、上がらないように、下げていては、それもまた、逆効果です。 肩は、上げずに、かといって、下...
More