「力を抜く」ことのむずかしさと、「方向性」

 力を抜くことについて、以前、書いて、すぐに続きを書くつもりが、時間が経ってしまってすみません。

「力を抜く」ことが大事なことだ、と、最近よく言われるようになりました。

たしかにそうなのですが、「力を抜こうと思っても、なかなか抜けないんです」と、言われる方が多いです。

「力を抜く」って、けっこう難しいことだと、私も思います。

「力を抜こう」としている人がよくやっていることに、力を抜こうとして体を押しさげてしまっている、ということがあります。

肩を下に押し下げてしまっていて、その結果、肩の下にある肋骨や、肺を狭めてしまっていたり、お腹を縮めてしまってことが、よくあるのです。

そうすると、呼吸がしにくくなってしまいます。

声を出そうとするときや、息を吐こうとするとき、管楽器を演奏しようとするとき、「力を抜こう」として、よけいに肺を圧迫してしまっているケースは、意外と多いのです。

たしかに肩があがってしまっていては、よくないというのはそのとおりなのですが、上がらないように、下げていては、それもまた、逆効果です。

肩は、上げずに、かといって、下げずに、自然に体の中心から、鎖骨が左右に伸びていった先にあるがままに、まかせておいたらよいです。横方向を思うといいです。

なぜか「力を抜く」って、下向きのイメージがあるようですが、そうではないんですね。

横向きもあるし、上向きもあります。

必要以上に下向きにもっていこうとすると、よけいな努力が必要になってしまいます。

アレクサンダー・テクニーク教師のひとり、イムレ・トールマンさんは、「ぶらあがる」という言葉を使っていました。「ぶらさがる」ではなくて、「ぶらあがる」。

とくに背骨のことを考えるときには「ぶらあがる」という言葉は、なかなかよく表しているのではないかなと思います。

背骨は、上向き方向(=頭の方向)にも伸びています。

棒のようにまっすぐ伸びるわけではなく、ゆるやかにS字を描きながら、上に向かって伸びています。

人間は直立して生活しているので、猫科の動物のように、頭から獲物に飛びかかったり、ジャンプしたりはしないけれど、猫科の動物がジャンプするときの背骨の可動性は、いいインスピレーションになるかもしれません。

人間の場合は、背骨が上向きに伸びていて、頭が高いところにあります。

そして人間の場合、背骨がゆるやかに上向き方向に伸びていくと、胴体は横にも広がりやすくなるのです。(鎖骨があるからかなと思います)。そして、胴体の、奥行きも出てきます。

そうすると、呼吸がしやすくなります。

胴体と手足のあいだにある、腕の関節や、股関節にも余裕ができて、手足も動かしやすくなります。

-----

アレクサンダー・テクニークの考え方で大事なことのひとつに、「方向性を思う」ということがあります。

いろいろな意味合いがある言葉ですが、今日書いたような状況でいえば、本来、体が自然にはたらくべき方向性を思う、ということですね。

そのときに注意することは、方向性を「思う」だけで、作り出そうとはしなくてよい、ということです。

作ろうとすると、またまた、やりすぎになってしまいます。

「思うだけ」で、よいです。

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールとお申込みはこちらをご覧ください。

Share Button

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。