アレクサンダー的、間接的なアプローチの一例:ヴァイオリニストのレッスンより

アレクサンダー・テクニーク・レッスンのメモより。 座る動きを丁寧に、意識的にやってから立ってヴァイオリンを弾く。 (座るときにも体を押し下げたり、縮めたりせず、逆に長く広くなりながら足が自由になって座る。) すると、いつもの、肩に力が入る構え方にならず、ヴァイオリンの音の響きもよくなる。 アレクサンダー・テクニークでは、気になることに対して、間接的なアプローチをすることが多い。 直接的に、肩の力を抜こうとしてもなかなかうまくいかないとき、意識が薄かった部分を統合できると、偏って入っていた力は自然に抜ける。 等々力の桜(2012/4/8)。 アレクサンダー・テクニークlittlesoundsでの、アレクサンダー・テクニークのレッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。
More