3/13目の使い方と体の使い方ー自分全部、3/27being(在る)とdoing(する)をつなぐーオンライン・ワークショップ

少人数で、集まる人の興味や状況にあわせて行うライブ・グループレッスンでありつつ、おひとりおひとり、見ていく時間をとります。
入り口として毎回テーマを設定していますが、同じテーマでも毎回違います。どんな内容が現れてくるかははじまってみてのお楽しみ。

21年間ずっと、お会いしてのレッスンをしてきましたが、オンラインでも、体の感覚に耳を澄ませながら一緒にワークすることができることを、去年、発見しました。
おひとりおひとりの鼓動や雰囲気を感じつつ、お互いに学びあいましょう。

定員:各6名
参加費:1回3000円(2回参加される方は、2回で5500円)

お申し込みはこちらへ

個人レッスンも随時行っています。こちらをご覧ください。

オンラインワークショップ
「目の使い方と体の使い方ー自分全部」
3/13(土)13:30~15:00
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

考えてみると、私たちの日常のなかでかなりの行為が、見ることと無関係ではないように思います。
そんなに見ていると意識していないときでも、
手仕事、楽器を弾くこと、料理、掃除、
そして人と関わるということ…
いろいろなことが見るということにともなっています。

オンライン生活に疲れている方も多いかもしれませんが、
そういう人こそ来てほしい。

画面を凝視する習慣から離れて、
自分が今ここの空間に立体的に存在していることを思い出し、
「見える」ということの新鮮さ、楽しさを思い出せるような時間になればと思います。
オンラインですが、画面から離れて、部屋のなかを歩いたり、動いたりする時間も持ちます。

ワークショップでは、
・目でがんばらずに見ること
・見ることと、頭と首/脊椎の関係
などについて体験的にワークしたあと、
それぞれの人が興味があるアクティビティ(手仕事、パソコン、対話、演奏やパフォーマンス、読書、そのほかなんでも)について、実際にやっていただいてみていきたいと思います。

3/13(土)13:30~15:00
定員:6名
参加費:1回3000円(2回5500円)
お申し込みはこちらへ

参考記事:「見ようとすることと、見えてくること」

オンラインワークショップ
「being(在る)とdoing(する)をつなぐ」
3/27(土)15:30~17:00
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

アレクサンダー・テクニークは、自分のからだ(その人の”心”や”思い””考え”を含んだ体)に対する信頼を取り戻していくワークだと思います。
そのことは、今の時代、ますます必要になっていくのではないかと感じています。
ひとりひとりが、自分の中心に、居る、そういうことが、ますます大事なのではないかと思います。

そんなことを考えつつ、
私なりにアレクサンダー・テクニークの原理をとらえ直してみると、

自分の中心に居るために
・頭~背骨~骨盤に意識を向けてみること
それによって、

・首の自由さ、手足の自由さが感じられること

・「やりすぎを、やめる」こと
それは何かすることを諦めることではなく、何かをしていく過程で、自分のなかの命の流れを信頼しつつ何かを「する」こと。
その結果、力を入れすぎなくても力を発揮できること。

・自分ぜんぶが一つであると認識すること。
体のそれぞれの部分は、関連しあうことで成り立っている。

・自分のなかの空間と、まわりの世界の空間、双方を認識し直すこと。

・動きを通して考えること。

というふうになるでしょうか?

「being(在る)とdoing(する)をつなぐ」
このテーマのなかに、いろいろなことが含まれています。

「呼吸」「見る」「らくな姿勢」「人とのかかわり」「発声」「話す」「かがむ」「歩く」「演奏」「手を使う」「介護」

何かをするときも、ただ立っているとき、座っているときも、
いろいろな刺激のなかに居るときでも、
より少ない努力で、より生き生きと、全体のつながりを持って、今ここに居る、という、その存在の質を行動につなげることができないか?

「在る」ことと「する」ことが切り離されていなければ、
自分が内側からもっと自由になってくるかもしれません。
そして、やわらかくも力強くもある自分に気づくかもしれません。

日々の具体的な課題を見ていくことと、マインドフルに、今ここにいること、
それを両立させるのが、アレクサンダー・テクニーク。

上に書いたようなことの、またはそれ以外でも、参加者のみなさんから出てきたアイデアから、日常のいろいろなことを見ていきましょう。

3/27(土)15:30~17:00
定員:6名
参加費:1回3000円(2回5500円)
お申し込みはこちらへ

【講師について:石井ゆりこ】

アレクサンダー・テクニーク教師 石井ゆりこ 木に触れる
photo by Xie Okajima

20歳のときにアレクサンダー・テクニークに出会い、6年ほど自分のために学んだ後、京都にて1600時間(4年間)のトレーニングののち1999年に教師認定(ATI)を受けて以来、自分自身でいること、痛みや不調、対人緊張などに悩む方、介護職、対人援助職の方、また音楽家や表現する方々などをサポートしてきました。

ご自身の気づきと無理のない変化に寄り添っていくワークをしていきます。このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。国立音楽大学でも非常勤講師として教えています。

著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』 『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』

定員 :1回6名
参加費:1回参加費:3000円(2回以上参加される方は、2回目以降2500円)
時間:1時間半 (ただし定員に満たない場合、15分位早く終わる可能性があります)
方法:ZOOMによるオンライン
お申し込みの方にアドレスなどをお伝えします。

講 師:石井ゆりこ
お申込み・お問合せ:下にあるフォームにご記入ください。
お申し込み後、必要な情報をお送りします。

お振込みはフォームでお申し込みの後、以下にお願いします。後日でもかまいません。

・みずほ銀行 駒込(こまごめ)支店(店番号559)
普通口座 0481295 イシイ ユリコ
・
・ゆうちょ銀行
10300 - 13902211 イシイユリコ
〇三八 店(ゼロサンハチ店)口座番号 1390221

・paypal : yuriko@littlesounds.com 宛て
(paypalの方は、恐れ入りますが振込手数料+130円をお振込みください。
みずほ銀行が一番確認が早くできます。)

今後のワークショップ案内を欲しい方は、こちらにアドレスをご登録くださいい。メールマガジン形式でお送りします。(いつでもご自身で解除できるのでお気軽にどうぞ)。

個人レッスンについてはこちらをご覧ください。

【お申し込みフォーム】

    【お名前】

    【ふりがな】

    【お住いの地域】

    【お電話番号】

    【メールアドレス】

    【年齢】

    【参加希望ワークショップ】
    日時:

    ワークショップのタイトル:

    【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

    【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

    Share Button