5/31 演奏や歌も、日常生活も、自分ぜんぶで楽しもう~オンライングループレッスン

みなさんこんにちは、
アレクサンダー・テクニークlittlesoundsの石井ゆりこです。
お元気でお過ごしでしょうか?

私は4月7日以来の7週間、ほとんど電車に乗らず、ほとんど藤沢市から出ずに過ごしてきました。個人的には、家での暮らしと地元の良さを再発見できたのは収穫で、それから、オンラインでもアレクサンダー・テクニークのワークをシェアすることができるとわかったのも発見でした。

さて、緊急事態宣言が解除される見通しが出ましたね。
まだまだ気をつけなければいけないと思いますが、
対面でのレッスンを6月から再開しようと思います。お問合せください。

平行して、オンラインでのレッスンも引き続き行います。
生徒さんの状況によって、ご都合のよい方をお選びください。

■今週末のオンライン・グループレッスン
・5/31(日)「定義を保留する」~そして 演奏や歌も、日常生活も、自分ぜんぶで楽しもう

13:30~14:45
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
アレクサンダー・テクニークは、自分のどこかの一部分だけではなく、全体を使って表現することの助けになります。
それは、パフォーマンスやアートと相性がよいのですが、
日常生活であっても同じことです。
日常生活をアートのようにしなやかに、
アートを日常のなかに、

今回は、演奏や歌などをやってみたい方、日常動作や、話すこと、見ることをやってみたい方など
どなたも歓迎です。
それぞれ、やりたいことを持ち寄ってください。

聴き手、そしてその場に立ち会う人には、
「定義を保留する」という言葉を紹介したいと思います。
これは、私の先生のトミー・トンプソンが、いつも言っている言葉です。
批判的にではなく、物事や人や、自分自身をとらえる、というものの見方です。
また、「過去がこうだったから…」ということによって判断しないことでもあります。
生きている人間は、つねに変わり続けている存在です。

そして、まず自分自身が第一の聴き手であり、自分の立会人ですね。
自分自身に対して「定義を保留」してみると、どんなことが見えてくるでしょうか?

痛みの起こらない手や腕の使い方、
らくな発声などについても一緒に見ていきましょう。

※ ZOOMで演奏をするとき、「音声処理」を「OFF」にすると音がよくなるそうです。
参考:https://www.note.lespace.co.jp/n/nd65f7df6f399

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
定員 :1回6名
参加費:1回2500円

以下のどちらかにお振込みください。後日でもかまいません。
振り込み後、ご一報いただけたら幸いです。

・みずほ銀行 駒込(こまごめ)支店(店番号559)
普通口座 0481295 イシイ ユリコ

・ゆうちょ銀行
10300 – 13902211 イシイユリコ
〇三八 店(ゼロサンハチ店)口座番号 1390221

または
・paypal : yuriko@littlesounds.com 宛て
(paypalは受け取り側も手数料がかかるため、なるべく銀行でお願いできたらうれしいです)

方法:ZOOMによるオンライン
PCかタブレットにZOOMをインストールしておいてください。
スマートフォンでも可能ですが、画面が大きいほうがやりやすいと思います。
お申し込みの方にアドレスなどをお伝えします。
やったことがなくて不安な方はご相談ください

講 師:石井ゆり子
お申込み・お問合せ: yuriko@littlesounds.com まで

講 師:石井ゆり子
お申込み・お問合せ:下のフォームにご記入ください。
お申し込み後、必要な情報をお送りします。

【講師について:石井ゆりこ】

アレクサンダー・テクニーク教師 石井ゆりこ 木に触れる
photo by Xie Okajima

20歳のときにアレクサンダー・テクニークに出会い、6年ほど自分のために学んだ後、京都にて1600時間(4年間)のトレーニングののち1999年に教師認定(ATI)を受けて以来、自分自身でいること、痛みや不調、対人緊張などに悩む方、介護職、対人援助職の方、また音楽家や表現する方々などをサポートしてきました。

ご自身の気づきと無理のない変化に寄り添っていくワークをしていきます。このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。国立音楽大学でも非常勤講師として教えています。

著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』 『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』

今後のワークショップ案内を欲しい方は、こちらにアドレスをご登録くださいい。メールマガジン形式でお送りします。(いつでもご自身で解除できるのでお気軽にどうぞ)。

お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【お住いの地域】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【年齢】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

Share Button