8/11(日)見ること、見られること、人前に立つこと、地面に立つこと 

アレクサンダー・テクニークは、刺激に対する自分の反応の質を見直すためのツール。
これは、100年前にオーストラリア人のF.M.アレクサンダーさんが、
シェイクスピア劇の朗誦をしようと舞台に立ったとき、
「人前でシェイクスピアを朗誦したい!」という自分の望みの刺激に圧倒されて
声が出なくなってしまったことに由来しています。
すごくやりたいことだから、なおさら、うまくできなくなってしまうことって、ありますよね。
そこからアレクサンダーさんは、自分にとって刺激が大きいことがらへの
自分の反応をどう抑制して、自分の望む方向に向けられるかの実験をはじめました。

そしてアレクサンダーさんは、日常のいろいろな刺激に対して、
より自由に、そして楽に対応できるための方法を見つけていきました。

みなさんのなかにも

・人のなかに居る
・人前に立つ(話をする、パフォーマンスや演奏をする)
・人に見られる
・人の話を聞く

などを、チャレンジだと感じている人は多くいらっしゃると思います。
私自身もそうでした。
人前で、顔が赤くなって頭が真っ白になって、声が出なくなってしまって…。
そういうときの対処のしかたのヒントを、アレクサンダー・テクニークはたくさんくれました。

自分の軸を失わず、地面からのサポートを受け取りつつ、
無理なく、人のなかに居たり、人前に立ったりしている
そのために役に立つ考え方を、いろいろ試してみたいと思います。

人前に立つときには、「立つ」という要素もそうですが、
「見る」「見られる」という視覚の要素も大きいと思います。
視覚の使い方についても見てみましょう。

ほかに、
・意図を、指先まで行き届かせるために
・自然な呼吸について
なども見てみましょう。

演奏やパフォーマンスをしてみたい方は楽器などのご持参も歓迎です。
(大きな音は応相談)。

8/11(日)13:30~17:00 東京都文京区
参加費:1日参加6500円8/24の「声を出すこと」ワークショップ
との2日参加12000円
場所:文京区内。お申込みされた方にご案内をお送りします。
定 員:1日8名
講 師:石井ゆり子
お申込み・お問合せ:下にあるフォームにご記入ください。
アレクサンダー・テクニーク教師 石井ゆりこ 木に触れる
photo by Xie Okajima

【講師について:石井ゆりこ】

20歳のときにアレクサンダー・テクニークに出会い、6年ほど自分のために学んだ後、京都にて1600時間(4年間)のトレーニングののち1999年に教師認定(ATI)を受けて以来、自分自身でいること、痛みや不調、対人緊張などに悩む方、介護職、対人援助職の方などをサポートしてきました。
生徒さんと言葉と言葉以外で対話しつつ、ご自身の気づきと無理のない変化に寄り添っていくワークをしていきます。このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。
国立音楽大学でも非常勤講師として教えています。
著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』(誠文堂新光社)『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』(ヤマハミュージックメディア)

■石井ゆりこのアレクサンダー・テクニークのレッスンは東京都文京区と、神奈川の湘南で、随時、受け付けています。レッスンのスケジュールはこちらをご覧ください。

お申し込みフォーム

【お名前】

【ふりがな】

【お住いの地域】

【お電話番号】

【メールアドレス】

【年齢】

【参加希望ワークショップ】
日時:

ワークショップのタイトル:

【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

Share Button