9月29日(土)のワークショップ

9月29日(土)の午後、玉川学園で、先月と同じ場所でワークショップをします。

前回、暑い中、来てくださったのはふだんレッスンを受けている方が多く、さまざまな楽器(ギター、ドラム、コンガ、二胡、フルート、ホルン、ユーフォニウム、ピアノ&歌)を演奏するところをワークしたり、またリフレクソロジストの方がリフレクソロジーをするところをワークしたりして、楽しいワークショップになりました。

「ほかの方を見ることで、自分自身が直接ハンズオンされるのは個人レッスンより少なかったけれど、ふしぎと体が変わりました。」
「ほかの方が、やっていることは違うけど、自分と共通する課題を持っていることがわかったのも参考になりました」

という感想などをいただきました。

はじめての方も歓迎ですし、前回、参加された方も、また少し違うアプローチのワークを含めてやりたいと思っているので、継続参加は歓迎です。

何かリクエストがありましたら、お知らせください。

┌―――――――――――――――――――――┐
  9月のワークショップ@玉川学園
  表現することとリラックスすること
  ~からだ~楽器や道具~表現のつながり(2)
└―――――――――――――――――――――┘

———————————-
日 時:9月26日(日)    14:00-17:30
場 所:玉川学園こすもす会館 1F洋室
    町田市東玉川学園4-3471-17
    小田急線「玉川学園前」駅徒歩15分
     または JR成瀬駅~神奈中バス 東玉川学園4丁目下車2分
    (詳しい道案内を、お申し込みされた方にお送りします。)
参加費:4,500円
定 員:10名
講 師:石井ゆり子
申込み・お問合せ
    yuriko@littlesounds.com
    電話 090-2535-6009/03-3941-0741
———————————-

音楽やパフォーマンス、仕事など、なにかを表現するときに、
リラックスすることが大事だとよく言われます。
たしかに緊張しすぎるあまり、体を固めてしまうと、思うように表現できません。
でもパワフルな表現が必要なとき、力はやっぱり必要ですし、
また、指の動きなど、細かいコントロールが必要なときも、
リラックスだけではうまくいきません。

ここでは、表現するときや、何かをするときに、
不必要な緊張をやめて必要なパワーを効率的に出すためにどうしたらいいかを、
それぞれの参加者のやりたいことで具体的に見ていきます。

楽器を演奏する人は楽器を、よろしければお持ちください。会場にはピアノもあります。
ほかにも、使いたい道具がある方はお持ちください。
本物の道具が持ってきにくければ、何か代わりになるものを持ってきていただけるとうれしいです。
また、歌う、人前で話す、力仕事、ダンスなど、道具が必要でないアクティビティも歓迎です。

それぞれのアクティビティに共通する、基本的なからだの使い方を全員で見てみる時間もとります。
とくに専門的に何かやっていない人でも歓迎です。
呼吸についても、見てみたいと思います。

ふだん個人レッスンに来られている方は、ほかの人を観たり、体験をシェアしたりするよい機会になると思いますし、お友達をお誘いいただくのも歓迎です。

私(石井ゆりこ)のアレクサンダー・テクニークのサイトはこちらです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です