野口裕介先生のこと

整体協会の野口裕介(ひろすけ)先生が、3日の日に突然亡くなったと聞いて、とても驚きました。 裕介先生は、整体協会の創始者、野口晴哉先生の4人のご子息のひとりで、晴哉先生亡き後、協会本部の講座のほとんどを、裕介先生が教えていました。20代のときから40年間ぐらい、ずっと同じように、本部の畳の部屋に、同じ格好で座って、講座や、個人指導を教えてこられました。 私は裕介先生の個人的な指導を受ける機会はありませんでしたが、 裕介先生は毎月、決まった日に講座をされていて、私は20日に行われる愉気の会に、毎月行っていた時期がありました。(その前に、京都に住んでいたときに月1で毎月9日だったかの連続講座に行ったのが先だったか?) 立派な体格の裕介先生はいつも着物と袴で、会のはじまりには、合掌行気や愉気をみんなで実践する前に、毎回、いろんなエピソードを交えた長いお話をしてくれました。 少し古風だけど誰にでもわかるような言葉で、整体や愉気にかんする考え方を話してくれました。 お話があまりに長くて、それに毎月行っていると同じ話も多くて、気持ち良くなって、つい眠くなってしまうこともありました。でも、油...
More

愉気の会~触れることについて(アレクサンダー・テクニークと共通するもの)

整体(野口整体)の、「愉気(ゆき)の会」に、ひさしぶりに参加しました。 整体協会の本部道場がある二子玉川も、何度も通いましたが、ひさしぶりに来てみたら、再開発で大規模に工事中で、全然変わってしまっていました。 でも本部道場が近づくと、変わらない風景です。 講座では最初に野口裕介先生のお話がありました。 註) 野口晴哉先生のご子息のひとりです。 「進化論が正しいかどうかはわかりませんが、そういうひとつの考え方がある」などといいながら、人類のはじまりから、人類が、スピードが出て安定する四足歩行をあきらめてまで、手を使うようになった話、それから、手を使って愉気をする話になるという、壮大な話を、いろいろ脱線しながらされて、おもしろかったです。 それから全員で円を作って、手をつないで気をあわせ、手の感覚をとりもどす。そして、脊椎行気(=背骨に気を通すこと)、二人組みで、ひとりが寝て、背中に愉気 という流れは、何年も変わらずいつも同じです。その後やることは、季節にあわせて変わります。先日の会では、横向きになって股関節の愉気をやりました。 愉気の会は、最初は子どもをもつお母さん向けにというこ...
More