アン・ワックスマン

先週、アレクサンダー・テクニークの先生、アン・ワックスマンがニューヨークから2年ぶりに来日しました。 アンは、今までに3回ぐらい来日しています。最初に来たのは10年以上前じゃないかな? 美人で颯爽としていてとてもかっこいい人で、教え方もすばらしいけど、ちょっと近寄りがたいかも?という印象が、最初のころはありました。 (ニューヨーカー気質ではっきりダイレクトにものを言ったりするのに私が慣れていなかっただけかも?) でも今回は、時間は短かったのだけど、以前よりアンと近づけたような感じがしました。 ワークするところを見てもらって、「2年前と全然変わったね!」と言われてちょっとうれしかった。 アンは、教え方は、いわゆるチェアワーク、テーブルワークなどの、オーソドックスな教え方を得意としている。 型がある教え方の落とし穴は、ひとつの型にすべてのことをはめたくなっちゃうことじゃないかと思うのだけど、 (いやそうじゃなくても、アレクサンダー・テクニークの場合、「原理」があるので、アレクサンダー・テクニーク自体の落とし穴といえるかな?) アンは、生徒を型にはめることがない。 人をよく見ていて...
More