6/19, 7/10 being(在る)とdoing(する)をつなぐーアレクサンダー・テクニーク・オンライン・ワークショップ

アレクサンダー・テクニーク・オンラインワークショップ
「being(在る)とdoing(する)をつなぐ」
6/19, 7/10 (土)15:30~17:00
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「being(在る)とdoing(する)をつなぐ」
このテーマのなかに、いろいろなことが含まれています。

「呼吸」「見る」「らくな姿勢」「人とのかかわり」「発声」「話す」「かがむ」「歩く」「演奏」「手を使う」「介護」

何かをするときも、ただ立っているとき、座っているときも、
いろいろな刺激のなかに居るときでも、
より少ない努力で、より生き生きと、全体のつながりを持って、今ここに居る、という、その存在の質を行動につなげることができないか?

「在る」ことと「する」ことが切り離されていなければ、
自分が内側からもっと自由になってくるかもしれません。
そして、やわらかくも力強くもある自分に気づくかもしれません。

日々の具体的な課題を見ていくことと、マインドフルに、今ここにいること、
それを両立させるのが、アレクサンダー・テクニーク。

参加者のみなさんから出てきたアイデアから、日常のいろいろなことを見ていきましょう。

前回は、趣味で歌を歌っている方が3人、参加してくださいました。

「それぞれ、その人が現れるような歌で、感動した。プロの歌とは違うかもしれないけど、それがまた、よかった」

「ここの回では、聴いてもらえていることを実感できる。原点に帰れる気がします」

「人前で披露したことない」とおっしゃっていた方も、ほかの方の歌を聴いたあとで、歌ってくださいました。

アレクサンダー・テクニークでは、体の動かし方や使い方について注目しますが、やっていくと、それだけにおさまらないことが起こっていたりします。
それも含めて、トータルに、その人その人に起こることを大切にしていきたいといつも思っています。

音楽、パソコン、読書、会話、家事、庭仕事…
さまざまなことのなかに、人間のやっているアクティビティとして共通するエッセンスがあり、
自分には縁がないと思うことをやっている人からも、お互い、学ぶことがあります。

おひとりおひとりの鼓動や雰囲気を感じつつ、お互いに学びあいましょう。

6/19(土), 7/10(土)15:30~17:00
定員:6名
参加費:1回3000円
お申し込みはこちらへ

 

個人レッスンも随時行っています。こちらをご覧ください。


【講師について:石井ゆりこ】

アレクサンダー・テクニーク教師 石井ゆりこ 木に触れる
photo by Xie Okajima

20歳のときにアレクサンダー・テクニークに出会い、6年ほど自分のために学んだ後、京都にて1600時間(4年間)のトレーニングののち1999年に教師認定(ATI)を受けて以来、自分自身でいること、痛みや不調、対人緊張などに悩む方、介護職、対人援助職の方、また音楽家や表現する方々などをサポートしてきました。

ご自身の気づきと無理のない変化に寄り添っていくワークをしていきます。このワークのシンプルさと奥深さ、何にでも応用できる柔軟さに魅せられています。国立音楽大学でも非常勤講師として教えています。

著書『無駄な力がぬけてラクになる介護術』 『演奏者のための はじめてのアレクサンダー・テクニーク』

定員 :1回6名
参加費:3000円
時間:1時間半
方法:ZOOMによるオンライン
お申し込みの方にアドレスなどをお伝えします。

講 師:石井ゆりこ
お申込み・お問合せ:下にあるフォームにご記入ください。
お申し込み後、必要な情報をお送りします。

お振込みはフォームでお申し込みの後、以下にお願いします。

・みずほ銀行 駒込(こまごめ)支店(店番号559)
普通口座 0481295 イシイ ユリコ
・
・ゆうちょ銀行
10300 - 13902211 イシイユリコ
〇三八 店(ゼロサンハチ店)口座番号 1390221

・paypal : yuriko@littlesounds.com 宛て
(paypalの方は、恐れ入りますが振込手数料+130円をお振込みください。
みずほ銀行が一番確認が早くできます。)

今後のワークショップ案内を欲しい方は、こちらにアドレスをご登録くださいい。メールマガジン形式でお送りします。(いつでもご自身で解除できるのでお気軽にどうぞ)。

個人レッスンについてはこちらをご覧ください。

【お申し込みフォーム】

    【お名前】

    【ふりがな】

    【お住いの地域】

    【お電話番号】

    【メールアドレス】

    【年齢】

    【参加希望ワークショップ】
    日時:

    ワークショップのタイトル:

    【ワークショップについて、どこで知りましたか?】

    【参加するにあたって、特に興味があることなど、ご自由にご記入ください。】

    Share Button