腕が長く感じます。 ニュートラルな位置に居る自分のポテンシャルの高さに驚きます。

アレクサンダー・テクニークは私にとって衝撃的でした。
ギターを弾くのがどれだけ楽になったかわかりません。
自分の腕が以前よりとても長く感じます。
声を出すのも「響かせよう、響かせよう。」と焦っていたのが、 習ったとおりにしていくと「あ、響いてる。」に変化しました。

また、驚いたのが会う人会う人「身長伸びた?」と聞いてくるのです! でも実際にはきっと身長は伸びていません。しかし確実に何か印象が変わったらしいです。

私 の場合は習ったことを音楽に還元していますが、アレクサンダー・テクニークはあらゆる道に繋がっています。 私が思うにアレクサンダー・テクニークは、自分の持つポテンシャルを 極めてニュートラルな位置まで持っていってくれます。 そしてその後逆に、ニュートラルな位置に居る自分のポテンシャルの高さに驚きます。 自然体でいる事がどれだけすごい事か少しだけわかりました。 まだまだこれからですけど。

(T.Kさん ギタリスト,シンガー 東京都 2005年)

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です