”この素晴らしき世界”

奥野敦士さん(元”ROGUE”のボーカリスト)のうたう、”この素晴らしき世界”

奥野さんは、2008年に、不慮の落下事故により頚椎を損傷して、首から下の自由を失った。
腹筋も動かなくなってしまったが、「お腹にベルトを巻き、声を出すたび、上体をぐっと前に倒す」という独自の歌唱法で、今も歌う。

http://www.youtube.com/watch?v=6jo-mJPAS3A

アレクサンダー・テクニークで、頭と首~背骨の関係性が、からだ全体をはたらかせていることを、プライマリー・コントロール、というのだけど、そのプライマリー・コントロールは、健康でも病気でもけがをしていても、麻痺があっても、どんな状況でもはたらいている、ということについて、ちょうど考えていたら、たまたま、この動画が、ほぼ日刊イトイ新聞で紹介されていたのです。

うーん、すばらしい!!

アレクサンダー・テクニークlittlesoundsのサイトはこちらです。東京と神奈川での個人レッスンを、週に3日づつ行っています。出張もします。
レッスン・スケジュールはこちらです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です