西村ケント君(高校生ギタリスト)のライブに行ってきました。

きのう行ってきた西村ケント君のライブ、とてもよかったです!

暑い中はるばる南浦和まで行った甲斐があった!

南浦和にアコースティックギター好きが集まるライブハウスがあることもはじめて知りました。「宮田家」というライブハウス。いいところでした。

そしてケント君(15歳)の演奏! CDやYou Tube(CDにおさまりきらない曲がいっぱい)を聴いていたけど、生演奏はやっぱりいい!
一曲をのぞいてすべてケント君自らアレンジした曲。その元曲は、ビートルズや、アース・ウィンド・アンド・ファイアーや、スティーヴィー・ワンダー、マイケル・ジャクソンそのほかいろいろのバンド曲がメイン。その元曲のバンドサウンドを一本のアコースティックギターで再現してしまうのです。

ベースラインを弾きながらギターソロを弾き、歌声も、特徴そのままギターに変換。ファルセットはハーモニクスで表したりして、そして、それと同時に、ギターのボディのあちこちを叩き分けてドラムやパーカッションも再現!
曲のなかのドラムソロもやります。
ケント君はソウルやブラック・ミュージックが特に好きなようで、グルーブ感あふれる演奏をしてくれるのです。ギター一本で踊れます!

残りの一曲は彼のオリジナル。これもまた、よかったです。

しかしカバー曲も、オリジナリティがすごい!
こんなことやっている人はほかにいないのでは?

そして、オリジナルであることや、技術ももちろんすごいけど、若いのにそれをひけらかすわけでなく、歌心のある演奏でした!自分の好きな音楽を、ほんとうに楽しんでいるんだなあ。
しかし、2003年ぐらいに生まれた彼が好きなのが、70年代から80年代はじめくらいまでのソウルやブラックミュージックやロックって、おもしろいな。
だれかが、「ご両親の影響なの?」と質問して、「いやそういうわけではないです」とか言っていた。
インターネット世代ならでは、なのかな。
まだ高校一年生。ふだんは関西に住んでいて、夏休みを利用しての関東遠征。京都のプ-横丁という老舗アコギ専門のレコード屋さんの店主プーさんが、彼をサポートして一緒に来られていました。
ケント君が中一ぐらいのときひとりで、「聴いてみてください」と自分の音源を持ってプ-横丁さんに来てからのつきあいだそうです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です