ホットハウス・フラワーズ

おとといは、渋谷クラブクアトロに、ホットハウス・フラワーズのライブに行ってきました。

ホットハウス・フラワーズは、フジロックに出た帰りに東京に寄ってくれた。

89年に初来日したときのライブに行って好きになって、次のライブは2001年、そのときはリアム、フィアクナ、ピーターの3人編成になっていて、ドラムなしのアコースティック・ライブ。このときのライブがまたすばらしかった!

3人全員が弾きながら歌えて、3人しかいないのに、ライブハウス全体、後ろからも音が響いて音に包まれるようなライブだった。

それから、リアムはソロで何度も来日してくれたが、バンドでの活動はお休みだった。

リアムのソロもすばらしいけど、やっぱりバンドの音は、かけがえない。

(プロモーターの人は、「ホットハウスフラワーズの見どころは、やっぱり、リアムです」と宣伝してたけど、それはそうかもしれないけど、でもそれだけじゃないよ、フィアクナとピーターの魅力も語ってほしい、って思ったけど、私が語ればいいのだね)

でも17年も経っているから、みんな変わっちゃってるかなぁ、と、ちょっとどきどきしながら行ってきた。

みんな、ちょっとお腹が出ておじさんになって、
リアムに至っては髪とひげを伸ばして、かぶりものの服を着て(あとでわかったけど西アフリカのマリで買ったものだとのこと)、宗教者みたいな格好になってた。
ピーターだけはなぜか変わらず若々しく見えた。

前座のウェスタン・キャラバン、こちらはおじいさん6人組。フィドル2人とペダルスティールギターを含むゴキゲンな古いアメリカ音楽。ボーカルのおじいさんが、マイクスタンドを斜めにしてマイク持ってうたうのがエルヴィスみたい!

それを堪能して休憩後、ホットハウス・フラワーズの演奏がはじまり、ノンストップで1時間半ぐらい。(曲の終りがそのまま次の曲につながって、文字通りノンストップだった)

リアムの声とピアノは相変わらず、美しさと力強さを兼ね備えて変幻自在にすばらしく、

フィアクナは、ファルセットのコーラスは、昔を知ってる者としては、ちょっと声が出にくそうなときもあったけど、やっぱりすばらしく、
今回はアコギは少なく、エレキが中心だったけど、西アフリカっぽいリフを多くいれて、同じ曲も全然違うアレンジになってる。

ピーターは、ブズーキでリズムを刻み、ソロを弾き、ヘヴィーな曲ではエレキベースに持ち替えて、もちろんコーラスも歌い、バンドの縁の下の力持ち。

そして最近新しくメンバーになったリズム隊のふたりが、またよかった! ダブルベースのマーティン・ブランデンもコーラスを歌う。

みんなが歌えるバンドって好き!

リアムは曲によってピアノの前から飛び出してきて踊りながら歌ってくれたり、一曲はブルージィなアコースティックギターを弾きながら歌ってくれた!

リアムのギター、以前ユニットALTで来日したとき、いかにも慣れない感じでおちゃめに弾き語ってくれたことがあったど、こんなに上手くなっていたなんて!

プリンスのパープルレインのカバーもやってくれた。盛り上がった。
後ろの席にアイルランド人の若者たちが陣取っていて、けっこうおしゃべりしながら聴いていた。そしてサビになったら一緒に歌い、とても楽しそうに盛り上がっていた。

アンコールではフィアクナが、ゲール語の歌を披露してくれた。(フィアクナのソロの歌はじめて聴いた!コーラスの時とは違い、低音ではじまる幽玄なボーカルを聴かせてくれる)

二回目のアンコールの曲もゲール語のアイリッシュ・トラッド。(有名な曲だけど名前忘れた)。アイルランド人たちが一緒に歌っている。

そしてフィアクナの吹くティン・ホイッスルのソロと、リアムの叩くバウローンで盛り上がる!!

たのしかったです!

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です