「本」カテゴリーアーカイブ

本の紹介『ペコロスの母に会いに行く』

アレクサンダー・テクニークとは直接関係ないのですが、介護を経験された方の、とてもすてきな本を読んだので紹介します。

『ペコロスの母に会いに行く』 岡野雄一著

長崎の町で、グループホームに預けた母に会いに行く日々を綴ったマンガです。

長崎弁での母子のやりとりのセリフが、とてもいい。

この本と、続編『ペコロスの母の玉手箱』に描かれるのは…

「いまは〇〇だね〜」などという息子に答えて「いまって、いつや?」と問う母の世界は、時空間を飛び越えて、天草の農家に育って子守に追われていた幼女だったころ、結婚して長崎に出てきて必死だったころ、ハゲた息子が目の前にいる「いま」、そして、元、酒癖が悪かった夫に支えられ温和に散歩する、いつかわからない現実…などなど、いろんな次元を言ったり来たりします。その世界ににこにことつきあう息子ペコロスさんにとっての長崎の街も、時間が折り重なって重層的な街になっていきます。

大きな字と、やさしい絵柄のマンガなので、マンガが苦手な母(実の母と義理の母の介護をしてきた。自身は70代でまだまだ元気)にも読んでもらえるかも?

この本については、六車由美さんが紹介されていて、知りました。
六車由美(むぐるま・ゆみ)さんが書かれた以下の2冊も、とてもよかったです。

『介護民俗学へようこそ』
『驚きの介護民俗学』

民俗学者だった六車さんが、30代で学者を辞めて、地元の介護施設で働き出して、そこで出会ったおじいさん、おばあさんたちとの触れ合いや、そこで聞いたお話、考えたことをまとめた本です。

介護にかかわる方のためのアレクサンダー・テクニークの本 『ラクになる介護術 毎日の「からだの使い方」からはじめる』を書くときに、こういうふうに、お年寄りの方と寄り添うのが、いいなあ、と、とても思いました。
それで、私の本は「からだの使い方」がテーマだけど、自分自身にも、相手の人に対しても、どういう意図、態度で接するか、ということについても、考えるような本にしたいな、「からだの使い方」は、そこにつながる、という視点を持って書きたいな、と思ったのでした。

Share Button

リンドグレーン

『長くつ下のピッピ』『やかまし村の子どもたち』シリーズなどで、子どものころ大好きだったリンドグレーン作の映画『ロッタちゃん』をこのあいだ見てから、リンドグレーンのことをもっと知りたくなって、図書館で本をいくつか借りてきました。

『平和をつくった世界の20人』という岩波ジュニア新書にも、リンドグレーンのことが載ってました。子どもたちと動物のために声をあげた人とのことで。

リンドグレーンは、工場のような動物の飼育を非難する記事を書き、それによって、スウェーデンでは1988年に動物福祉法という法律が成立したそうです。それは、詰め込みすぎのケージや飼育小屋、電気ショック棒の使用を禁止し、動物がそれぞれの種にとって自然な状態で暮らせるようにすることを求めたものだそうです。

また子どもたちに対する暴力(いわゆる体罰)に反対するメッセージを発し、その影響によってスウェーデンでは親が子どもに体罰を加えることを違法と定められたそうです。

すごい、知らなかったな~。

「子どもたちの態度が、暴力ではなく愛によって育まれているのなら、私たち皆にとって喜ばしいことです。なぜなら、政治家たちの人格ですら、五歳以前に形成されるのですから。」

「私たちが望んでいるのは、世話がよくゆきとどいた健康な動物たちが、人間を友だちとして見てくれることで、私たち人間を見た時に恐れてしりごみをしないようであってほしい、ということだけなのです。また、政府の高官に望むのは、家族経営の農業を立ち行かなくさせるような法律を通さないでほしいということです。政府は家族経営の農業を支援すべきなのです。」

いまこそ必要なメッセージだなあ。

「ピッピ(=長くつしたのピッピ、リンドグレーンが書いたお話の主人公)には並はずれた力がありますが、その力を誤って使ったことは一度もありません。それがとても素晴らしく、たいそう難しいことだと思うのです。」

これを書いたあと、リンドグレーン作『わたしたちの村で』という小説も知って読んだ。これも、とてもよかったなあ。少し大きくなった子ども&大人向きで、一番読みでがあるかも。
子どもと動物と大人のかかわり合い興味がある人におすすめ。

写真はスウェーデンのお隣フィンランドの、ヘルシンキ郊外の牧場より。

2014-09-02 15.03.43

Share Button

『循環と共存の森から―狩猟採集民ムブティ・ピグミーの知恵』

循環と共存の森から―狩猟採集民ムブティ・ピグミーの知恵
2006
新評論
船尾 修

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4794807120/

アフリカの熱帯雨林のなかでも、もっとも原生林が美しいといわれる森に住んで、狩猟採集の暮らしをつづけてきた、ムブティ・ピグミーの人たちと一緒に暮らしをひとりの日本人が取材した本。

本の後半の7章~9章あたりの、ムブティの人たちの生活の描写がとくにすばらしい。
私達の先祖も、こんな暮らしをしていたのかな?と、思いを馳せた。

しかし、あえて、今までの研究者のつてを頼らず、いわば、いきあたりばったりで森に入っていった筆者が、その狩猟キャンプにいきつく前に最初に入った村は、カトリックの神父の西洋人がボランティアでサポートしていた村で、その神父は善意からなのだけど、、「狩猟採集に頼る暮らしは不安定だから、彼らの将来のためにならない」と、『労働』の概念をムフディに教えて週休6日制をしいたり、『ボス(リーダー)』の概念を教えたり、いろいろな介入をしていた。そういうことと、ムフディの生活の関係が描かれているのが5、6章。このへんも、考えさせられる。

しかし最終章では、外国企業の森の伐採計画が進もうとしているという、世界同時進行で起こっているせつない話と同じ話。これからどうなってしまうんだろう?

でもエンディングには、神父のサポートによって、いったん狩猟採集の暮らしを捨てたムフディたちが、神父が国に帰った後ふたたび筆者が訪ねたら、シャツを脱ぎ捨て、狩猟採集の暮らしに戻っていたというエピソード。

写真もすばらしい。

Share Button

技術力―サッカー世界のスタープレーヤー

技術力―サッカー世界のスタープレーヤー
2005
出版芸術社
西部 謙司

http://www.amazon.co.jp/dp/4882932733/

言葉にならないことを言葉にするというのは、うまくハマるとほんとうに面白い!

サッカーの現在の世界のスタープレーヤーの持つ技術を一人一人、言葉だけで描いた本。写真もイラストも全くなく、ポートレイトの絵が何枚かあるだけ。

04-05年に活躍した選手が中心なので、名前と顔はだいたい知っているが、どんな技術を持っているかまでは、そんなにディープなファンではない私はよく知らない人が多い。それに私はサッカーをプレイしないので体験的にもわからない。それなのに、読んでなんでこんなにおもしろいのか不思議。

著者自身も、戦術のように、意図があってそうする、ということのほうが言葉にしやすい、と言っている。「それが技術となると、言葉を重ねれば重ねるほど本質から遠ざかっていく」。でも技術について語るのは単純に楽しいのだ、という理由で書いた本のようだ。

その楽しさは伝染したみたいだ。

—–

ロナウドの項で、
人間の考えるスピードは体が動くより圧倒的に速い。なので、ストライカーは、自分の動きが遅く感じて、つい焦りが出て、打ち急いでベストフォームでない状態で蹴ってしまい失敗してしまう。でもロナウドはそういう打ち急ぎの失敗が少ない。想像するに、ロナウドのこの落ち着きぶりは、筋肉の反応速度の遅さからきているのではないだろうか。またロナウドは、「自分が遅い」という感覚が少ないのではないだろうか?

というところは、アレクサンダー・テクニーク的で興味深かった。

私(石井ゆりこ)のアレクサンダー・テクニークのサイトはこちらです。

Share Button

治さない、治せない

「アレクサンダー・テクニークは治療ではない」と、よく言う。
実際治療じゃないし、私はその治療じゃないというところが好きなんです。

でも、ワークすることで、症状がよくなったりする場合がある。

それは施した術の結果ではなくて、本来あるべき姿が取り戻ってきたからだったり、その人のなかで、いろんな要素がより統合されたからであったり、余分な努力や不必要な力を手放すことができたからだったり、ということなわけです。

レッスンはそのきっかけになる刺激だったり、情報提供だったり、交通整理だったりにすぎないんだと思います。

でも、症状がよくなることを期待して「早くよくなれよくなれ」と思いすぎると全然よくならなかったりする。

「よくなりたい」という思いからもちょっと離れて、まずは症状と共存しようというぐらいのところにいるほうが、少しづつ変わっていきやすいようです。

* * * * *

さて「治療じゃない」ということについてですが、最近、アレクサンダー・テクニークとかだけじゃなく、医療に携わる人も、「治さない」ということを掲げる人があちこちで出てきているようなのです。

最近では、がんの医療に携わる人がそう言っていたのを読んだり、
あと、「べてるの家」という、精神病の人たちが集まるグループホームと病院の連携の本にも、「治さない、治せない医者」をモットーにしているお医者さんが出てきました。

この「べてるの家」の本
安心して絶望できる人生』(NHK出版 生活人新書)
には、すごく、はっとさせられることがたくさん書いてあるのですが、この「治さない」というのもその一つです。
結局、専門家といえども他人がその人を「治してあげられるはず」「治せなければいけない」と思うのは、やっぱり思い上がりなのかもしれないな、と、思います。

ここに出てくる人たちは、「治せない」ということを覚悟していることで、なんだか、起こっていることについての畏怖の念みたいなのを排除していないように見えます。

たとえば幻聴に悩まされている人たちが、幻聴を「幻聴さん」と呼ぶようになって、幻聴さんとの付き合い方を学んでいく。幻聴さんを乱暴に扱ったりしないで、たとえば、「今はすることがあるので、帰ってください」とか、幻聴さんにていねいに話しかける。。

それと、病気の当事者が自分の病名を自分でつけたり、

(いろんなユニークな名前がありました。
「人間アレルギー症候群」とか、
「魔性の女系人格障害見捨てられ不安タイプ」とか、
「統合失調症爆発型救急車多乗タイプ」とか。。)

自分の病気を、他人の目ではなく、自分の実感で把握していくプロセスが大事にされている。そして、「当事者研究」とかいって、同じような病気をもった人同士で、自分の苦労をわかちあい、どうすればいいか実験し、研究していくことが大事にされているのです。

そういうことを、ここのリーダー的存在の、ソーシャルワーカーの向谷地生良さんは、「本来の自分らしい苦労を取り戻す」と表現しています。

専門家や、薬の助けも借りるけど、頼りきりになるのではなく、まずは自分のするべき苦労をする、そうできる場がある。

そういう場では、なんだか、病気なのにみんな生き生きしていて、病気なのに病んでいない、そんな感じがしました。

Share Button

『春は鉄までが匂った』

『春は鉄までが匂った』
2004
筑摩書房
小関 智弘

町工場に勤める職人をつづけながら物書きをしている人のことを聞いて前からこの著者のことは気になっていた。この本はタイトルにひかれたこともあって、とうとう買って読んだ。とてもよかった!

機械のツマミなどの、部品をつくるのも、花を育てたりするのと同じように、物にたいする繊細な気遣いがないとできない仕事。だからというのもあるのか、文章がとてもきれい。

私なんかは機械のことはぜんぜんわからないから、町工場がある町の雰囲気は好きだけど、それ以上のことはわからない。でも、本から職人さんの繊細な気遣いが、伝わってきて、ゆたかな世界に少し触れられるような気がして、どんどん読んでしまう。

3Kといわれるようなきつくて安い、不安定な仕事、でもなくてはならない仕事。そんな仕事を誇りをもって支えてきた人たちがいる。

ちいさな仕事を、ていねいにしようという気持ちになる。

著者の小関さんは、直木賞候補にもなって、「もう工場はやめて作家でひとりだちしたら?」と、何度も言われたそうだ。
でも、「自分にとって工場をやめて物書きだけをやるのは、パンツを穿かないでズボンを穿くようなもので、恥ずかしいし、落ち着かない」という。

Share Button

ボブ・ディラン自伝

ボブ・ディランの自伝
を読んでいる。
少し前に彼の映画も観たのだけれど、
映画もよかったけれど(ただ映画はちょっと長すぎたな)、この本は映画以上に衝撃的でした。

まずこの本は、うたうように書いている感じで、言葉の選び方や、リズムがとてもいい。
そして内容は、すごく率直なのです。

今、「オー・マーシー」という章~80年代のところ、つまりディランが40代のころを読んでいるんだけど、

「昔の自分の歌をやってくれと言われても、もうどんな気持ちで歌を書いたのかよく思い出せないし、魂をこめられない」とか、「自分は盛りをすぎたミュージシャンだ」とか言っていてスランプな感じで、「もう引退する」と決意するんだけれど、なんとかそこから抜ける、その過程が書かれていて、その内なる冒険が、不謹慎な言い方だけど、とてもエキサイティングです。

彼にとっては人が自分をどう評価しようと、それがいい評価であれ、悪い評価であれ本当には気にしていなくて、自分が歌に魂をこめられているかとか、そういうことをいつもめざしている。そして人がいくらほめようと、それを自分ができていないと感じると、音楽をやっている意味がない。そのへんがすごくはっきりしていたんだと思う。

そして自分の歌にどうやったら再び魂が宿るのか、それを見つけるやり方がすぐに見つかるわけではなくて、いろいろ失敗をくりかえすのだけれど、その間、地元のミュージシャンの演奏を観て感銘をうけたり、早朝に起きていきなりバイクで旅に出て、通りすがりの店の人と話をすることでひらめきがあったり、そういうことを大事にしている人でした。

こう書くと、私の言葉になってしまうので、うまく伝わらないと思うのだけど、興味がある人はぜひ、彼自身の言葉で読んでほしいなあと思います。

長くつづけることがえらいわけではない、やめるべきときにやめることのほうが大事なこともあるかもしれない。大切なのは、つづけるにしてもやめるにしても、その道すじで何を見て感じてきたかだなあ、なんて、思いました。

Share Button

『オシムの言葉』

サッカー、ジェフ千葉のオシム監督の本>『オシムの言葉』
よかったです。サッカーに興味がある人にも、ない人にもお勧めです。

私はサッカー中継を観るのが好きでときどきテレビで観るのだけれど、観るとアナウンサーが「絶対に負けられない戦いです!」なんてアナウンサーがよく叫んでいる。それが日本代表の試合なんかだととくにそうだけれど、私はあれが苦手だ。そんなこと言ったってどっちかのチームが必ず負けるんだから、負けたらどう責任とってくれるんだろう?(でも負けたら「いやー惜しかったですね」と言うだけなんだけどね。。)

オシムは「勝たなくてはいけない試合などない」と言う。
とても練習が厳しいというオシムのチームですが、試合の前には、「絶対に勝たないとだめだぞ」とか、「相手の足を削ってでもゴールを守れ」、とか、そんなことは絶対言わないそうです。
「モチベーションを上げるのに大事なのは、選手が自分たちで物事を考えようとするのを助けることだ。戦術の話も試合の前にはほとんどしない。少なくてもお客さんは来てくれるのだから、まずは自分たちのために、自分のやれることをやり切るということが大事だという話をする。次に、対戦相手が自分たちと試合をするの当たって何を考えて臨んできているかということを思考させる」

中身のない言葉が氾濫している今だけれど、オシムは言葉をとても大切にする人だと思いました。

「言葉は極めて重要だ。そして銃器のように危険でもある。私は記者を観察している。メディアは正しい質問をしているのか。ジェフを応援しているのか。そうでないのか。新聞記者は戦争を始めることができる。意図をもてば世の中を危険 な方向に導けるのだから。ユーゴの戦争だってそこから始まった部分がある。」

そして反面、
「今の世の中、真実そのものを言うことは往々にして危険だ」
とも言っています。

オシムが生まれたときのユーゴスラビアのサラエボは、民族融和の象徴のような町だったそうです。それがオシムがユーゴスラビア代表の監督をしていた時期には今の分裂した国に分かれはじめて、新聞も、代表選手のプレーや質についてで はなくて、その選手がどこの出身か、どの民族か、そういうことばかりを書くようになって、そのうち、自分の民族の選手を試合に出すように、と、それぞれの民族の新聞がプレッシャーをかけるようになってきてしまったそうです。やがて 戦争が始まり、「サラエボ包囲戦」がはじまり、オシムは奥さんをサラエボに残したまま国外に出て戻れなくなってしまう。

あとでオシムは、たくさんの人がサラエボで亡くなったときに自分は国外にいたことを一生かかって消えない負い目というふうに言っています。

—–
言葉を大切にするオシムは選手ひとりひとりのこともすごくよく見ている。そしてその選手に必要なときに必要な言葉をかけている。その言葉はとても厳しいものになることも多い。でも選手は自分を見てくれていることをわかっているから、 オシムを慕う。

日本代表の阿部勇樹選手も、海外移籍の話があったときに、オシムが来年も指揮をとるならジェフに残りたいと言ったそうです。技術は抜群だったけどメンタル面が弱かった若い阿部に対して、先輩たちをさしおいてキャプテンを任せたのもオシ ムでした。阿部はびっくりしたそうですが、後で「今考えたらそこでやっていなかったら上の人に甘えたプレーをして、乗り越えなきゃいけないところを乗り越えられずにただ同じところに止まっていたと思うんです」と言っている。

—–
ほかにも本のなかで紹介したいエピソードはつきませんが、いい本でした。
ジェフ千葉はJリーグのなかではお金がなくて、ほかのチームのようにいい選手を買ってくるのは難しいそうですが、よく走ってスペクタクルな試合をする。試合たのしそうだなあ。去年は初優勝をしたし、だけどうちには衛星放送がないのでなかなかテレビでは試合を観られないので、いちどスタジアムに観にいきたいなあ。

Share Button

『自閉っ子 こういう風にできてます! 』

『自閉っ子、こういう風にできてます! 』
2004
花風社
ニキ リンコ, 藤家 寛子

今読んでいる途中なのですが、とてもおもしろいです。自閉症、アスペルガー症候群の当事者のニキ リンコさんと藤家 寛子の話を、ニキさんが学んだ翻訳学校の先生であり、編集者である浅見淳子さんが聞いています。浅見さんは、「異文化として」自閉者の世界観に興味を持っている、と言っているとおり、3人の対話が異文化コミュニケーションとしての対話になっているところがいい感じです。ちなみに自閉でない、いわゆる一般の人のことを「定型発達の人」と言うそうです。

全然知らなかったのでちょっと驚きだったことは、自閉というのは脳機能障害なので、身体的にも、たとえば体温調節ができないとか、つらい思いをしている場合が多くて、でもそれが外からはわかりにくいということでした。(「違うんだ」ということがわかりにくいので。)「定型発達の人はそんなに楽だとは知らなかった」って。。

いろいろ大変なこともあると思うのだけれど、いろいろな違いが当事者の人によってユーモアを交えて言語化されていて、いい本です。

Share Button

「考え」についての、すてきな短い物語

『考え、売ります。』
2001
平凡社
ダグラス ラミス, C.Douglas Lummis, 知念 ウシ, 村上 勝美

「考え」についての、すてきな短い物語です。
世界を少しだけ変えるための物語でもあります。

読んで何箇所か涙が出てしまいました。
短いので、よかったら読んでみてください。

そのなかで、「考え売り」が言っていた「考え」についての考えを少し引用します。

「考えは、頭のなかに新鮮な空気ややわらかな陽射しが入ってくる小さな窓を開くんです。それがあれば考えるために立ち止まるし、もしかしたら、今まで見たことのないものが見えてくるかもしれません」

「考えるということは、涼しくて、湿り気があって、ほっとさせてくれるものなんだ」

Share Button