3/27-3/29 兵庫県西宮市でのアレクサンダー・テクニーク研修会”「抑制(inhibition)」と「信頼」”

ゆりこの関西・西宮でのアレクサンダー・テクニーク研修会、4回目になります。 長くアレクサンダー・テクニークを実践している方、最近アレクサンダー・テクニークを知った方、みなさん一緒に学びましょう。 私は20歳のとき京都でアレクサンダー・テクニークのワークショップに参加したのをきっかけに、最初は年に数回通い、それから大阪~京都と引っ越して学び続けていました。それから30年ほどもアレクサンダー・テクニークを続け、仕事にするようになることを、当時は想像できていませんでした。 関西には、お互いゆるくつながって、生活や、生活とつながるアートのなかで、自分のあり方を深めていくような場があるような気がして、私自身、そんな場に育てられたような気がしています。 今、また、アレクサンダー・テクニークをツールとして、それぞれの人生の味わいを深めていく一期一会の時間がここで持てるのがうれしいです。 その日ごとに入り口になるテーマを設定しましたが、どのテーマも相互につながっています。来られる日に参加されるのも、続けて参加して学びを深めるのも、どちらも歓迎です。 来られた方の興味と、その場で起こ...
More

3/20(金)東京アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ ”日々の刺激のなかで自分と出会い直す“

少人数のワークショップですが、窓のたくさんある広い部屋で開催します。ウィルスのことや、その他いろいろ気を遣うことがあるこのごろですが、春の訪れを感じると同時に、自分の体の声も聴ける時間になるといいなと思います。 この時節なので、出かけるべきかどうか迷っている方も多いと思います。 迷っている方は、お問合せだけでもどうぞ。 アレクサンダー・テクニークの、ほかのボディワークなどにない特徴のひとつは、 何か刺激になっていることとの関係性のなかで、体や自分自身をみていくことだと思います。 ―重力との関係、持っているものとの関係、ほかの人との関係、 やらなくちゃいけないこと、やりたいこと、などなど、あらゆる刺激との関係を、見ていきます。 ワクワクするような、いい刺激もあれば、プレッシャーに感じられるような刺激もあるけれど、 刺激になるものやコトがあるからこそ、自分と出会い直すことができる、という一面もあります。 刺激に圧倒されるのではなく、刺激があるなかでも自分軸を感じられるように、 それぞれの方の日常や、趣味や仕事が、より楽で、より充実感のあるものになるために...
More

3/1 札幌アレクサンダー・テクニーク・ワークショップ:ただ在る(being)ことと、すること(doing)をつなげる(+2/29,3/2)

ただ居る、ということから、やりたいことをやることまで、 その間にあるいろいろを見てみましょう。 やりたいことをやるときの、やらなくていいこと やらなくていいことを、そっと抱きしめて手放したら、 やりたいことが、もうできていたりすることもある 何もしたくないときは、何もしないのも、ひとつの大事な選択肢 正しいやり方を一つに決めてしまうわけではなく、 日常のなかの新しい可能性に目をひらく、 自分という、からだをもった有機体で日常を遊んでみるための実験場です。 家事、PC仕事、楽器の演奏、手仕事、人とかかわる、人を援助する、などなど、 いろいろな、やること、やりたいこと、やりたくないこと はじめはやりたいことだったことが、やらなくてはいけないことになっていることもある。 そんなときでも、少し立ち止まって、今ここにいる自分のからだの声に耳を澄ませてみてみると、 「やらなくてはいけないこと」のなかにも、遊びを発見できることがある。 そして、いつもと違う自分自身が発見できると思います。 アレクサンダーテクニーク教師として私は、 動きを...
More

1/25(土)自分も相手も楽な介護/自立していることと助けること~アレクサンダー・テクニークを使って

最近私のアレクサンダー・テクニークのレッスンのなかで、介護をされている方とレッスンをする機会が多くなり、 このことについて、もっとみなさんと分かち合えいたいな、と思うようになりました。 お体が不自由な方と一緒にいるとき、 「自分のことは置いておいて、この人を楽にしてあげなくっちゃ」 と思う人が多いかもしれません。 でも、そこであえて、自分のことを置いておかないでみると、 相手のことが、よく見えてきたりすることがあります。 自分にチューニングをあわせると、相手にも共鳴しやすくなるのです。 そうすると、弱さがあるなかの、その人の力が見えてきたりします。 子どもと触れ合うときも、それと似ています。 「まだできないこと」がたくさんある子どものなかにある、 できるようになりたい、自分の力を発揮したいという意欲、好奇心、 そういうものにチューニングがあうと、それをサポートする大人の世界にも新鮮さが増してきたりします。 すると、お互いにとって心地よい呼吸ができたり、間をとることができたり、 「一緒に動く」ことが、しやすくなったりします。 それは、弱さや不自由...
More

デビ・アダムス冬の来日2019~2020(ピアノ、音楽全般、アレクサンダー・テクニーク、教えること)

デビ・アダムスさんの冬の来日のご案内をさせていただきます。 デビさんは、5年前にはじめて来日して以来、好評で、継続していらしてくださっています。 私が出会ったのは、アレクサンダー・テクニークのトレーニングコースを卒業した後、2000年から毎年勉強に行っていたボストンの学校の先生としてでした。校長先生のトミーの教え方がときどき深淵になりすぎてしまうようなときに、デビはアシスタント教師として、生徒ひとりひとりの声を聞き、ひとりひとりの日常での実践に落とし込む手助けをしてくれました。デビに教えてもらうと、「私にもできるんだな」ということがわかるのです。 デビは、ボストン音楽院のなかでも長くアレクサンダー・テクニークを教えており、2012年からは音楽院のなかにアレクサンダー・テクニークのトレーニングコースをつくり、そのディレクターをされています。今は新しいアレクサンダー教師たちを輩出しています。 今年のはじめ、学校を訪ねましたが、生徒のみなさんが生き生きと学んでいて、とてもよい雰囲気でした。 とても情熱的だけど押し付けがなく、生徒のやりたいことを尊重してくれるデビのあり方...
More